ブラックデーとは?日本はいつで韓国との違いは?ジャージャー麺を食べる理由は?

2月14日のバレンタインデーと3月14日のホワイトデー、どちらも日本ではなじみのある文化ですよね♪

この2つの恋のイベントに続き、「ブラックデー」いうものがあることをご存じでしょうか?

「ブラックデー」とはお隣韓国が発祥で、恋人のいない人たちが黒いものをも身に着け、ジャージャー麺を食べるイベントだそう。

しかし、日本と同じように恋にまつわるイベントなのか、どうしてジャージャー麵を食べるのか、わからないことはたくさんありますよね。

そこで今回はブラックデーはどんな日なのか、また、日本のと韓国との違いジャージャー麺を食べる理由などをご紹介します。

「ブラックデー」について知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください♪

 

ブラックデーとはどんな日?

「ブラックデー」とは?

ブラックデーとは韓国で4月14日に行われるイベントです。

バレンタインデーやホワイトデーに何ももらえず、恋人が出来なかった人たちが黒い服を着用し、黒いものを食べたり飲んだりする日なんだそう。

1990年代、若い人を中心にいきなり始まったこのブラックデーですが、世界的に広がっている文化ではないものの日本では徐々に流行りつつあります。

黒い服を着ることで「自分はフリーですよ~」とアピールできるので、最近では出会いの日としても注目されているそうです♪

 

日本のブラックデーはいつ?

韓国では4月14日がブラックデーとなっていますが、日本はいつなのでしょうか?

Twitterを調べてみると、日本でも4月14日にブラックデーのイベントを開催している方々がいることがわかりました。

韓国と違い、黒ビールや黒いハンバーガーを食べて盛り上がったところもあるようですね♪

韓国と同様のイベントがある一方で、日本では4月14日にブラックデー以外のイベントがあることが判明!

日本では、ブラックデー以外に、4月14日を「オレンジデー」と呼び、バレンタインデー、ホワイトデーを経た恋人たちが愛を確かめる日ともされているようです♪

 

韓国のブラックデーとの違いは?

日本では「恋人同士」のイベント

日本で行われる「オレンジデー」は恋人たちが主役

花言葉が「花嫁の喜び」であるオレンジにちなんで、オレンジ色やオレンジにまつわるものを贈り合い、愛を確かめ合うイベントとなっているようです。

バレンタインデとホワイトデーに次ぐ「第3の愛の記念日」としてじわじわ広まってきているようです。

 

韓国にオレンジデーはある?

実は韓国にも「オレンジデー」は存在しますが、日本とは異なり11月14日が韓国のオレンジデーだそう。

恋人同士でオレンジジュースを飲みながら映画を見る記念日のようです。

映画を一緒に見ることから別名「ムービーデー」とも呼ばれているとのこと♪

 

食べるものは「ジャージャー麺」その理由は?

3月14日の「ホワイトデー」の「白」に対して4月14日は「黒」、つまり「ブラックデー」となったようです

「黒」にちなんで黒い服を着たり、黒いものを食べたり飲んだりしようとしましたが、黒い食べ物といってもなかなかありません。

そこで登場したのが、黒い味噌で味付けされたジャージャー麺

見た目も真っ黒ですし、お小遣いでやりくりしている学生たちにも気軽に食べられるということでジャージャー麺が人気になったとのこと。

今では「ブラックデー」=「ジャージャー麺」といわれるほど浸透しているようです。

今では服はもちろん、靴下まで黒を履いて、この日はブラックコーヒーしか飲まないという人もいるそう。

しかし、全身黒づくめの人はフリーだとすぐにわかるので、カップル成立のチャンスにもなっているみたいです♪

 

美味しい「ジャージャー麺」のお店や作り方は?

4月14日を独りで過ごす可能性の高い方、今年は韓国のブラックデーにちなんで、ジャージャー麺を食べてみてはいかがでしょうか?

そこで、おすすめの美味しい「ジャージャー麺」のお店や作り方もご紹介します♪

 

おいしい「ジャージャー麺」のお店

  • じゃじゃおいけん

じゃじゃおいけん
  • 住所:東京都世田谷区上馬1-33-11
  • 電話番号:03-3418-5831
  • 営業時間【水〜日】:
    10:30~15:30(L.O15:30)
    17:30~25:30(L.O25:30)
  • 営業時間【月】:
    17:30〜25:30(L.O25:30)
  • 定休日:火曜日
  • URL:http://www.jyajyaoiken.com/
  • Twitter:https://twitter.com/jyajyaoiken

 

世田谷にある「じゃじゃおいけん」は、盛岡名物のじゃじゃ麵を気軽に味わえるお店として人気があります。

なんといっても〆に食べる「チータンタン」が絶品とのこと!

テーブルには様々な調味料が置いてあるので、自分好みに味を変えられるのも人気の理由です。

 

  • まるじゃ

まるじゃ
  • 住所:神奈川県横浜市瀬谷区二ツ橋町11-3
  • 電話番号:045-363-6128
  • 営業時間【昼】:
    11:30~14:30(L.O 14:00)
  • 営業時間【夜】:
    18:00〜21:00(L.O 20:30)
  • 定休日:月曜日
  • Instagram:https://www.instagram.com/maruja.yokohama

 

こちらの「まるじゃ」もメニューはジャージャー麺一本!

サイズは選ぶことが出来るようですが、初めての方は中盛りや大盛りはご遠慮くださいとのこと。

量が多いのが売りのようですね♪

 

  • じゃじゃん麵ハウス

じゃじゃん麺ハウス
  • 住所:東京都新宿区歌舞伎町2-32-17 富士会館 1F
  • 電話番号:03-5155-9949
  • 営業時間:
    11:00~23:00(L.O.22:30)
  • 定休日:年中無休

 

本場韓国のジャージャー麺を味わうなら「じゃじゃん麺ハウス」。

日本では珍しい手打ちの麺と、濃厚で甘みの強い味噌だれで和えられたジャージャー麺は絶品!

「じゃじゃん麺ハウス」ではブラックデーでよく食べられる真っ黒なジャージャー麺を味わうことが出来ますよ♪

 

おいしい「ジャージャー麺」の作り方

実はジャージャー麺は、専用の味噌ダレなどがなくても作ることが出来るようです。

自宅にある材料で簡単に作ることが出来るので、ぜひ作ってみてはいかがですか(^^)?

Cpicon あの名店の味を目指せ!盛岡じゃじゃ麺 by せいら758

 

まとめ

韓国で行われる「ブラックデー」を調べてみたところ、4月14日にフリーの人たちが黒い服を着て黒いものを食べたり飲んだりするイベントだということがわかりました。

日本では4月14日を「オレンジデー」と呼び、カップルがオレンジやオレンジ色のものを贈り合って愛を確かめ合う日ということも判明。

ちなみにブラックデーでは「黒いもの」ということでジャージャー麺を食べるようですが、これがフリーである証拠となるので出会いの人も言われているそうです。

韓国のブラックデーを知らない方も、今回の記事でブラックデーについて詳しくなったかと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました♪