コロナに疲れたら?気分が鬱になる前にやることや対処法は?

連日のようにテレビで報道される新型コロナウイルスのニュース、スマホを見ればまた感染者が増えたなどのネットニュースが目に入ってきます。

感染予防のために気を張った生活が続き、中にはデマの情報も流れ、最近は「コロナ疲れた」「コロナ鬱になる」といった言葉を耳にするようになりました。

全国的に感染が広がり、終息の目途がたたない新型コロナウイルス。

そんな状況の中で、感染予防と共にこれから大切になってくるのが、「コロナ疲れ」や「コロナ鬱」にならないようにすることです。

ここでは、コロナ疲れた時、気分がになる前にすべきことや対処法をまとめましたので、参考にしてみてください。

 

 

毎日のコロナニュースで「コロナ疲れ」「コロナ鬱」の声

ここでは、毎日のコロナニュースによる「コロナ疲れ」「コロナ鬱」の声をTwitterからまとめました。

連日嫌でも入ってくるコロナの情報に、かなりストレス疲労が溜まっています。

 

学校は休校、外出したくてもできない、日用品が手に入らない、咳をすれば周りの目が気になるなど、日常生活の様々な面で感じるコロナの影響。

先日ニュースにもなっていましたが、コロナよりも人が怖いというドラッグストアの店員さんがいて、多くの人が共感していました。

感染予防のために気を張り、いつも通りの生活ができない上、職場や電車の中、お店などいろんな場所で感じる今のギスギスした状況がコロナ疲れや鬱に繋がっているのかもしれません。

 

コロナで疲れたり気分が鬱になる原因は?

コロナがいつまで続くのかの「不安」

コロナで疲れたり気分が鬱になる原因の1つが、終息の目途が立たないことへの不安が考えられます。

全国的に感染が広がり、日に日に増えていく感染者数を見て、コロナがいつまで続くのか、いつになったら落ち着くのかという不安な気持ちになる人も多いでしょう。

まだ特効薬のない目に見えないウイルスに対して、常に気を付けないといけない状況が長く続くと、やはり疲れてしまいますよね。

https://twitter.com/y0s2z0w1r_chie/status/1239063006874501121

 

毎日コロナのニュース続きで「疲弊」してしまう

疲れたり気分が鬱になる原因として、毎日のニュースが続くことで疲れてしまっているということも挙げられます。

テレビの報道番組を見ればコロナの特集、スマホのネットニュースを見ればまたどこかで感染者が出たなどといった情報が、連日のように流れています。

知っておきたいという気持ちはあるものの、あまりに多すぎる情報に対して疲弊してしまいます。

 

「自粛」のムードで生活が制限される

疲れたり鬱になる原因は、「自粛」のムードで生活が制限されることにもあります。

卒業式や卒業旅行など、楽しみにしていたイベントの中止や、爆買い、外出など思うようにできない生活が続いてストレスが溜まっている人が多いでしょう。

感染拡大によって、休校やイベント・行事の中止など、一人一人が身近なところにコロナの影響を感じており、全体的に気分が沈み、暗いムードになってしまっています。

https://twitter.com/4usw7lOwi34a8tz/status/1237662428160094208

 

コロナに疲れたら?気分が鬱になる前にやることや対処法は?

ここでは、コロナによってストレスが溜まりやすい状況の中、コロナに疲れた時や気分が鬱になる前にやることや対処法をまとめました。

どれも難しい事ではなく、少し意識すればできることなので、ぜひ試してみてください。

 

スマホを見る機会を減らす

コロナのニュースが毎日流れる今だからこそ、スマホを見る機会を減らすことがおすすめです。

コロナ疲れやコロナ鬱になる原因の多くは、メディアが発信する様々な情報見すぎる点です。

スマホが手離せない人が多い中、何気なくネットニュースを見て、コロナの見出しがあればついつい読んで気分が沈んでしまうという人もいるのではないでしょうか。

根拠が伴った有益な情報は必ず繰り返し報道され、少しの間スマホを見なくても見逃すことはありません

具体的な対処法としては、スマホを見る時間を減らすのはもちろん、TwitterなどのSNS「コロナ」「マスク」などをミュート設定にして自動的に入ってこないようにするのがおすすめです。

https://twitter.com/houjitya_tarte/status/1235839461939793920

 

テレビでニュースを見る機会を減らす

スマホ同様、ニュースを見れば嫌でもコロナの情報が入ってくるので、テレビでニュースを見る機会を減らすのがおすすめです。

普段からよく報道番組を見る人はもちろん、あまり見ない人でも今までよりニュースを見る機会が増えている人もいるのではないでしょうか。

ニュースなどの報道番組見る時間必要最低限にして、バラエティ番組やドラマなど他の番組を見てテレビの時間を楽しむようにしたいですね。

 

普段の生活を意識する

コロナに怯えすぎず、なるべく普段の生活を意識してみましょう。

休校やイベント・行事の中止など外出する機会が必然的に減り、楽しみも無くなる中、最近ほとんど外に出てないという人もいると思います。

家にずっと籠っていると、気分が沈み込みがちです。

人混みや閉鎖された空間、宴会などは避けるべきですが、仕事やスーパーへの買い出しだけではなく、公園屋外施設など場所を選んで外出することも気分転換には大切です。

 

趣味で気晴らしする

元々趣味がある人や、今まで特になかった人もこれを機会に見つけて、趣味で気晴らしするのもおすすめです。

コロナの影響で日常生活がいろいろと制限されることもありますが、楽しいことを全くやってはいけないわけではありません。

音楽を聴いたり、を読んだり、自宅で映画鑑賞したりと自分に合った趣味で気晴らしや楽しい気分になれるといいですね。

 

 

まとめ

新型コロナウイルスについて、「コロナ疲れ」「コロナ鬱」の声、疲れた時や鬱になる前にやることについてお伝えしました。

事態が長引きそうな今、一人一人が感染予防を意識すると共に、あまり思い詰めないように、テレビやスマホで情報を見過ぎないようにしたり、気分転換したりとコロナ疲れにもこれからは気を付けていきたいですね。

何よりも早くコロナ問題が終息に向かい、安心して生活できる日が一刻も早く来ることを願うばかりです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。