福島花火大会2019のおすすめ穴場スポットは?有料チケット購入方法も

福島県福島市では毎年7月に「ふくしま花火大会」が開催されます。

ふくしま花火大会では、その年のテーマに合わせて色とりどりの花火が打ちあがり、毎年福島の夏の夜空を華麗に彩ります。

打ち上げ会場の阿武隈川河川敷から臨む花火も絶景なのですが、混雑をさけたりゆっくり花火を観覧したいという方もいるのではないでしょうか?

今回はそんな方々にとって役立つ情報として、おすすめの穴場スポット情報をお届けします。

また福島花火大会の有料観覧席チケット購入方法も合わせてお伝えいたします。

 

開催日程や時間

福島花火大会は毎年、開催日程が7月下旬となっています。

2019年の今年も同様に7月27日(土) に開催されます。

開催時間や場所なども加え、基本情報を以下にまとめます。

INFOMATION
・開催日程:2019年7月27(土)
・開催時間:19:30~20:30
・開催場所: 阿武隈川・松川合流地点(信夫ヶ丘総合運動公園 信夫ヶ丘緑地)
・問い合わせ: 024-525-3720(実行委員会)
・当日の問い合わせ:0180-99-3590(10時~)
その他詳細情報は公式URLよりご確認ください。

 

雨天時の開催日程

福島花火大会の雨天時の開催については、小雨決行の予定です。

雨の状況にもよりますが、荒天の場合は翌日7月28日(日)に順延となります。

前日や当日の朝に、公式サイト で詳細のお知らせがありますので、当日の天候に合わせて確認してみてください。

 

福島花火大会の打ち上げ場所とアクセス方法

福島花火大会の打ち上げ場所は、 阿武隈川河川敷にある信夫ヶ丘緑地公園です。

引用元:公式サイト

 

打ち上げ会場までのアクセス方法はこちらの別記事でご紹介していますので、ご来場される方はぜひ参考にしてい見てください。

 

福島花火大会のおすすめの穴場スポットは?

福島花火大会の観覧席は、打ち上げ場所の近隣の、信夫ヶ丘競技場です。

信夫ヶ丘競技場には、無料の一般観覧席のほか、有料観覧席優待観覧席があります。

有料観覧席や優待観覧席のチケット予約・購入方法は後述します。

無料の一般観覧席は打ち上げ花火を間近で見ることができるため迫力を十分味わうことができます。

その分人気のエリアになるため混雑が予想され、場所取りも必要になります。

より良い観覧場所を確保するためには、夕方には信夫ヶ丘競技場には到着し準備しておくとよいでしょう。

そのほか、混雑しない場所でゆっくり花火を楽しみたいという方には、こちらの穴場スポットをご紹介したいと思います。

 

穴場スポット1:新山霊園

信夫ヶ丘緑地公園から競馬場側の阿武隈川対岸にある場所です。

周りが木々に囲まれていますが、小高い場所になるため花火が良く見えるためおすすめしたい穴場スポットです。

福島駅からは遠いため、車をご利用の方でないとアクセスは厳しいと思います。

夜の霊園ということで、肝だめし感覚で友達とワイワイ騒ぐと近隣に迷惑がかかるため、その点はご注意ください。

新山霊園
・住所:〒960-8204 福島県福島市岡部新山
・TEL:024-533-6223

 

穴場スポット2:信夫ヶ丘緑地公園の対岸(下釜地区)

打ち上げ場所周辺にもかかわらず観覧客が少なく、間近で花火の迫力を味わいたいという方にはおすすめしたい穴場スポットです。

信夫ヶ丘競技場から向かうには、松川橋を渡っていく必要があるため、ぐるっと回らなければならず、徒歩約20分かかります。

周辺にはコインパーキングもないため、小さなお子様連れには向いていません。

アクセスに難ありなところが人が少なく混雑しない理由なのかと思いますが、混雑回避を優先される方はこちらをご利用ください。

 

穴場スポット3:阿武隈川サイクリングロード

阿武隈川河川敷で、福島県教育会館から大正橋あたりまで続くサイクリングロードです。

周辺の住宅路地から土手を上がったところにあるため、河川敷ということもあり障害物がなく、花火を一望することができるため、おすすめしたい穴場スポットです。

長く続くサイクリングロードなので、ベストスポットを探すのも楽しいかもしれません。

福島県教育開館
・住所:〒960-8534 福島県福島市上浜町10−38
・TEL:024-523-0206

 

穴場スポット4:いがらべ北部ふれあい公園

打ち上げ場所から松川橋を挟んだところにある公園です。

河川敷の公園なので、広々としたスペースでゆったりと花火を観覧することができるため、おすすめした穴場スポットです。

早い者勝ちですが、ベンチもあるため座って観覧することができます。

打ち上げ場所の方向には松川橋があるため、花火の種類によっては欠けてしまったり、見えにくかったりする場合もありますので、その点を了承できる方は、こちらを利用するとよいでしょう。

 

穴場スポット5:スーパーいちい信夫ヶ丘店

打ち上げ場所周辺にあるスーパーです。

信夫ヶ丘競技場から徒歩約15分くらいのため、電車をご利用の方でもアクセス可能な観覧スポットです。

スーパーの駐車場もあるため、車をご利用の方ももちろんアクセス可能です。

店舗2階が駐車場になっているため、そこから花火を良く見ることができます。

ただ、花火の観覧場所ではなく”お店”なので、飲み物や食べ物を持ち込むのではなく、いちい信夫ヶ丘店で購入するなどの配慮をしていただくとよいかもしれません。

スーパーいちい信夫ヶ丘店
・住所:〒960-8223 福島県福島市矢倉下5
・TEL:024-534-1110
・詳しくはこちらの公式HPをごらんください。 

 

穴場スポット6:まるいちフードセンター岡部店

打ち上げ場所から阿武隈川を渡った側にあるスーパーです。

観覧する場所としては、店舗の駐車場になります。

こちらも花火の観覧場所ではなく”お店”なので、飲み物や食べ物を持ち込むのではなく、まるいちフードセンター岡部店購入するなど、お店側の迷惑にならないようご配慮ください。

まるいちフードセンター岡部店
・住所:〒960-8204 福島県福島市岡部姥畑6−3
・TEL:024-536-0117

 

福島花火大会2019の有料観覧席チケット購入方法は?

福島花火大会の有料観覧席や優待観覧席のチケット予約・購入方法は以下のとおりです。

有料観覧席
・料金(大会運営協力金):1人500円
・場所:信夫ケ丘競技場の一部
・受付:当日午後5時から受付(先着)
優待観覧席
・利用条件:
車いす利用、高齢により介助が必要な方 40組を対象。
※家族などの付き添いがある場合に限る。
・場所:信夫ヶ丘競技場
・申込:7月1日(月曜日)から実行委員会へ電話にて受付(先着)

有料観覧席は先着順でどなたでも購入可能ですが、優待観覧席については利用者に限りがありますので、その点はご注意ください。

 

まとめ

福島県福島市の福島花火大会について、おすすめの穴場スポット情報や有料観覧席のチケット予約・購入方法をお届けしました。

福島花火大会の情報が更新されましたら、随時更新していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。