極楽寺の紫陽花の開花状況や見頃は?混雑状況や回避の方法も

毎年この時期に賑わいを見せる長谷寺のあじさいや、明月院のあじさいは、大変人気のあじさいスポットですが、比例して大変混雑します。

混雑を避けて鎌倉のあじさいを見たい!

という方におすすめなのが、極楽寺のあじさいです。

鎌倉のあじさいを見ることができる場所としては観光客が比較的少なく、穴場のスポットでもあります。

そんな知る人ぞ知るあじさいの人気スポット極楽寺ですが、今年の開花状況や見頃の時期が気になりますよね

また見頃の時期の混雑状況も知っておくと、混雑を避けて見に行くことができ、ゆっくりとあじさいを楽しむことができます

今回は極楽寺のあじさいについて、見頃や2020年の開花状況混雑状況についてお伝えします。

 

極楽寺の紫陽花の開花状況や見頃は?

引用元:鎌倉手帳

鎌倉のあじさいの穴場スポットしておすすめの極楽寺。

せっかくなら、見頃の一番綺麗な時期に見に行きたいですよね!

ここでは、今年の開花状況と見頃についてまとめましたので、参考にしてみてくださいね^^

極楽寺の紫陽花の開花状況

極楽寺のあじさいは、例年6月初旬から色づき始め、中旬~下旬にかけて見頃を迎えています

年によっては、5月末から開花し、6月上旬には満開となっていて、多少の早い遅いがありそうです。

5月末頃からSNSなどで開花状況をチェックしてみるのがおすすめですよ♪

 

極楽寺の観光で知っておきたいのが、境内での撮影が禁止されているところです。

それでも、せっかく満開のあじさいを見に行くなら、記念に写真を撮りたいですよね!

境内以外に、写真撮影がOKの場所もありますので、そちらをご紹介いたします。

 

山門前

極楽寺であじさいの撮影ができるのがこの山門前です。

植えてある本数は少ないですが、歴史ある建築物とマッチして撮影スポットとしては十分満足していただけると思います。

 

極楽寺駅

極楽寺の最寄り駅である江ノ電「極楽寺駅」も撮影スポットとしておすすめです。

ホームの傍らや駅周辺に赤や青、紫のあじさいが綺麗に咲き誇ります。

極楽寺駅は、以前のドラマ「最後から二番目の恋」ロケ地として使用されており、ドラマを見ていた人には持って来いの撮影場所ですね。

ドラマを知らない方でも、駅のレトロな雰囲気を味わうことができ、素敵な写真を撮ることができますよ♪

 

極楽寺の紫陽花の見頃はいつ?

極楽寺のあじさいの見頃としては、6月上旬から色づき始め、徐々に開花がピークに向かっていき、6月中旬~下旬が一番見頃の時期になります。

極楽寺のあじさいは、有名な長谷寺や明月院に比べると規模が小さく、種類やあじさいの数も少ないので、見ごたえとしては若干劣ります。

種類としては、約20種類あり、その中には「十二単(じゅうにひとえ)」と呼ばれえる種類のあじさいがあります。

その名のとおり、花びらが何枚も重なり合ったような咲き方をすることから、そのような名前になったそうです。

あじさいの数は少ないですが、他のスポットではなかなか見ることができない、極楽寺ならではのあじさいを堪能することができます。

6月中旬~下旬にかけては、長谷寺や明月院は列をなすほど混雑しますので、名スポットは敢えて避け、極楽寺でゆっくりと季節を味わうというのも、なかなかオススメです。

 

極楽寺の混雑する時期や時間帯に回避の方法は?

引用元:江の島なび

鎌倉では、長谷寺や明月院などあじさいの時期は大変混雑し、観覧するのに待ち時間が出るほどです。

ここでは、穴場スポットとしてあじさいが素敵な極楽寺の混雑時期や時間帯をまとめました。

また、混雑の回避方法についてもご紹介しますので、見頃の時期に行く場合は参考にしてみてくださいね。

見頃の時期の混雑時期や時間帯は?

鎌倉のあじさいで有名な長谷寺や明月院に比べると、観光客の数は少なく、列に並んだり待ち時間が長かったりすることはないでしょう。

土日は観光客は増えますが、土日・平日ともに混雑せずにあじさいや極楽寺の観光を楽しむことができます。

ただ、電車で来られる方は江ノ電を利用することになりますが、JR鎌倉駅からの乗り換えで来る場合は、長谷寺がある長谷駅の次の駅になるため、電車内での混雑は避けられないと思われます。

そのため、長谷寺へ向かう観光客と一緒になる時間帯は混雑すると予想されます。

その時間帯を避けるような移動のスケジュールを組むと、電車内の混雑も避けることができると思います。

 

混雑を回避するためにおすすめの方法は?

開花ピークの時期の観覧を上手に乗り切るためのおすすめな時間帯をお伝えします。

その前に、極楽寺の入館時間ですが、下のようになっています。

入館時間
・9:00~16:30
・宝物館は10:00~16:00 ※宝物館は4/25~5/25と10/25~11/25の期間中、火木土日のみ開館

※2019年6月より2年間、十大弟子立像の修復事業のため、宝物館(転法輪殿)は長期にわたり拝観中止となります。

ちなみに極楽寺の拝観料は、無料です(宝物館は300円)。

混雑が予想されるのは、極楽寺より、道中の江ノ電社内。

特にJR鎌倉駅方面からくる方は、長谷寺への観光客の混雑をさけることをおすすめします。

そのため、9:00前に極楽寺に到着する江ノ電であれば、比較的電車内の混雑を回避することができると思われます。

または、午後から夕方にかけて、閉館時間の前の時間帯であれば、行きの電車内は混雑していないと思いますが、あまり閉館ぎりぎりの16:00までいると、帰りの電車で混雑することになりますので、

おすすめは、9:00前に極楽寺に到着する時間で、昼前に極楽寺を出るスケジュールがよいと思いますので、参考にしてみてください。

まとめ

極楽寺のあじさいについて、開花状況や見頃、また混雑状況やその回避方法をお伝えしました。

あじさいの時期の鎌倉は、混み合うスポットが多いですが、極楽寺なら比較的人が少なく、電車の混雑を回避すれば、ゆったりとあじさいを満喫できておすすめです。

また、車で極楽寺行く場合は、近くの駐車場を安く停められるお得な情報をまとめましたので、ぜひそちらもチェックしてみてください。

ぜひ見頃の時期に、極楽寺へ足を運んでみてくださいね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。