極楽寺のあじさいの見頃と開花状況2019と混雑状況や駐車場は?

毎年この時期に賑わいを見せる長谷寺のあじさいや、明月院のあじさいは、大変人気のあじさいスポットですが、比例して大変混雑します。

混雑を避けて鎌倉のあじさいを見たい!

という方におすすめなのが、極楽寺のあじさいです。

鎌倉のあじさいを見ることができる場所としては観光客が比較的少なく、穴場のスポットでもあります。

今回は極楽寺のあじさいについて、見頃や2019年の開花状況や、混雑状況駐車場の情報についてお伝えします。

 

極楽寺のあじさいの見頃や開花状況は?

極楽寺について

極楽寺が建てられたのは1259年(正元元年)の鎌倉時代で、鎌倉幕府2代目執権の北条義時の三男である、北条重時が建立しました。

建立した当初は地獄谷と呼ばれ、生活苦の末に行き場の失った人たちが集まったりした場所で、現に死んだ人が放棄されたりもしていた場所のため、その名前がつけられました。

その歴史もあり、現在も霊感の強い人は目撃してしまうこともあるらしく、鎌倉の観光スポットの中では、比較的観光客が少なく、ゆっくりと観光を楽しむことのできる場所です。

 

また、2012年に放送されたドラマ「最後から二番目の恋」で使用されたのが極楽寺駅ということで、憶えている方も多いのではないでしょうか。

ドラマ放送の時期は、ロケ地巡りで賑わったりもしましたし、私も極楽寺に訪れたドラマファンの一人です。

 

極楽寺のあじさいの見頃

極楽寺のあじさいの見頃としては、6月上旬から色づき始め、徐々に開花がピークに向かっていき、6月中旬~下旬が一番見頃の時期になります。

極楽寺のあじさいは、有名な長谷寺や明月院に比べると規模が小さく、種類やあじさいの数も少ないので、見ごたえとしては若干劣ります。

種類としては、約20種類あり、その中には「十二単(じゅうにひとえ)」と呼ばれえる種類のあじさいがあります。

その名のとおり、花びらが何枚も重なり合ったような咲き方をすることから、そのような名前になったそうです。

あじさいの数は少ないですが、他のスポットではなかなか見ることができない、極楽寺ならではのあじさいを堪能することができます。

6月中旬~下旬にかけては、長谷寺や明月院は列をなすほど混雑しますので、名スポットは敢えて避け、極楽寺でゆっくりと季節を味わうというのも、なかなかオススメです。

 

極楽寺のあじさいの開花状況

現在の極楽寺のあじさいの開花状況ですが、開花はしているようですが、色づきがもう少しのようです。

見頃が6月中旬からということなので、来週あたりには、それぞれのあじさいの色もより一層濃くなり、見頃の状況となるでしょう。

連日雨続きなので、観光客は少なく、混雑を避けたい方にとっては、このタイミングが一番よさそうです。

 

極楽寺の混雑状況は?

鎌倉のあじさいで有名な長谷寺や明月院に比べると、観光客の数は少なく、列に並んだり待ち時間が長かったりすることはないでしょう。

土日は観光客は増えますが、土日・平日ともに混雑せずにあじさいや極楽寺の観光を楽しむことができます。

ただ、電車で来られる方は江ノ電を利用することになりますが、JR鎌倉駅からの乗り換えで来る場合は、長谷寺がある長谷駅の次の駅になるため、電車内での混雑は避けられないと思われます。

そのため、長谷寺へ向かう観光客と一緒になる時間帯は混雑すると予想されます。

混雑する具体的な時間帯については、以前の記事にもまとめていますので、そちらを参考にしてみてください。

その時間帯を避けるような移動のスケジュールを組むと、電車内の混雑も避けることができると思います。

 

混雑を回避するためにおすすめな時間帯は?

開花ピークの時期の観覧を上手に乗り切るためのおすすめな時間帯をお伝えします。

その前に、極楽寺の入館時間ですが、下のようになっています。

入館時間
・9:00~16:30
・宝物館は10:00~16:00 ※宝物館は4/25~5/25と10/25~11/25の期間中、火木土日のみ開館

ちなみに極楽寺の拝観料は、無料です(宝物館は300円)。

混雑が予想されるのは、極楽寺より、道中の江ノ電社内。

特にJR鎌倉駅方面からくる方は、長谷寺への観光客の混雑をさけることをおすすめします。

そのため、9:00前に極楽寺に到着する江ノ電であれば、比較的電車内の混雑を回避することができると思われます。

または、午後から夕方にかけて、閉館時間の前の時間帯であれば、行きの電車内は混雑していないと思いますが、あまり閉館ぎりぎりの16:00までいると、帰りの電車で混雑することになりますので、

おすすめは、9:00前に極楽寺に到着する時間で、昼前に極楽寺を出るスケジュールがよいと思いますので、参考にしてみてください。

極楽寺のアクセス方法と駐車場情報

アクセス方法

電車でのアクセスは、江ノ島電鉄 極楽寺駅から徒歩2分 です。

地図をこちらに掲載しておきます。

車でのアクセスは、こちらの住所・電話番号を参照ください。

極楽寺
・〒248-0023 神奈川県鎌倉市極楽寺3丁目6−7
・TEL:0467-22-3402

車で来る場合は、近隣にコインパーキングがありますので、下の地図を参考にしてみてくだい。

 

あじさい以外の極楽寺の見どころは?

極楽寺の観光で残念なのが、境内での撮影が禁止されているところです。

せっかくのあじさいも見るだけで記念に写真を撮ることができませんが、写真撮影がOKの場所もありますので、そちらをご紹介いたします。

山門前

https://twitter.com/planet_38/status/1135033332524150785

極楽寺であじさいの撮影ができるのがこの山門前です。

植えてある本数は少ないですが、歴史ある建築物とマッチして撮影スポットとしては十分満足していただけると思います。

山門前の現在のあじさいの状況は、開花はしていますが、色づきがもう少しといったところでしょうか。

より色鮮やかに染まる、6月中旬以降の見頃の時期が楽しみですね。

 

極楽寺駅

最初にお伝えしましたが、以前のドラマ「最後から二番目の恋」極楽寺駅がロケ地として使用されていました。

ドラマの設定で、最寄り駅として、極楽寺駅前でのやりとりがあったのを憶えている方も多いと思います。

ドラマを知らない方でも、極楽寺駅のレトロな雰囲気を味わうことができ、撮影スポットとしてももってこいです。

 

カフェ 坂の下

最寄り駅としては長谷駅よりになりますが、極楽寺の観光と一緒に訪れてほしいのが「カフェ坂の下」です。

こちらも以前のドラマ「最後から二番目の恋」のロケ地として、度々登場した場所です。

古民家を改装したような造りのカフェで、外装もさることながら、内装もレトロかつおしゃれなインテリアや小物・雑貨が飾られています。

ランチメニューから、カフェメニューとしてパンケーキなども揃えており、インスタ映えすること間違いなしのカフェと言えます。

お店の情報を下記にまとめます。

カフェ 坂の下

・住所: 〒248-0021 神奈川県鎌倉市坂ノ下21−15
・営業時間
 【平日】10:00~17:00(L.O.16:00)
 【土・日・祝】10:00~18:00(L.O.17:00)

・定休日:月曜(※不定休あり)
・電話: 0467-25-7705
・facebook:https://www.facebook.com/cafesakanoshita/

まとめ

鎌倉の隠れた穴場の観光スポットである極楽寺のあじさいについて、見頃や現在の開花状況をまとめました。

あじさいの見頃になる6月中旬以降は大変混雑することが予想されるので、ちょっと的を変えてみて、鎌倉・極楽寺の雰囲気を味わい、おしゃれなカフェで一休みしながらの観光もおすすめです。

ご興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。