花粉情報|花粉のピークはいつ?2019年2月以降の飛散情報まとめ!

2019年も2月に入り、花粉シーズンも本格化してきました。
毎年訪れるこの時期、花粉症にとっては非常に憂鬱になりますよね。
今年は例年より花粉の飛散量が多いとか…。
早めの花粉対策をして、万全の体制で乗り切りましょう!

 

今回は、2019年の花粉情報として、花粉なの時期や、飛散量などをまとめていきたいと思います!

 

花粉のピークはいつから?2019年版!

花粉にもいくつか種類がありますが、花粉症の皆さんを最も悩ませている、
スギ・ヒノキの花粉について調べました。

 

地域によって異なりますが、各地のピークは以下のようになります。

 

スギ

九州地方(福岡):2月下旬〜3月上旬
四国地方(高松):3月上旬〜3月中旬
中国地方(広島):3月上旬〜3月中旬
関西地方(大阪):3月上旬〜3月中旬
北陸地方(金沢):3月中旬~3月下旬
東海地方(名古屋):3月上旬〜3月中旬
関東地方(東京):3月上旬〜4月上旬
東北地方(仙台):3月中旬〜3月下旬

 

 

ヒノキ

九州地方(福岡):3月下旬〜4月上旬
四国地方(高松):4月上旬〜4月中旬
中国地方(広島):4月上旬〜4月中旬
近畿地方(大阪):4月上旬〜4月中旬
北陸地方(金沢):ピーク無し
東海地方(名古屋):4月上旬〜4月中旬
関東地方(東京):4月上旬〜4月中旬
東北地方(仙台):ピーク無し

 

 

参考出典:tenki.jp

 

北海道はスギ・ヒノキの花粉の量は少ないですが、
別の木(シラカバ)の花粉が4月下旬~6月中旬に飛散量が多くなる見込みです。

 

花粉の飛散量は昨年より多い?2019年版!

2018年の花粉の飛散量は、例年より多かったようです。
主に、ヒノキの飛散量が多い傾向にあり、東京では過去10年間で飛散量が最も多い年となりました。

 

2019年の予測される傾向としては、

 

九州地方(福岡):昨年並みで、例年よりやや多い
四国地方(高松):昨年並みで、例年並み
中国地方(広島):昨年並みで、例年より多い
近畿地方(大阪):昨年並みで、例年よりやや多い
北陸地方(金沢):昨年よりやや多く、例年よりやや多い
東海地方(名古屋):昨年より少なく、例年よりやや多い
関東地方(東京):昨年より少なく、例年よりやや多い
東北地方(仙台):昨年より少なく、例年よりやや多い

 

参考出典:tenki.jp

 

中国地方が2018年よりやや多い見込みですが、
その他の地域は昨年同等か少ない見込みのようです。

 

ただ、例年より多かった2018年ですが、
2019年の今年も昨年同様多くなると予想されています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
調査の結果、今年の花粉は昨年並みに多く飛散するようです。
早めの準備をいて、花粉対策をしっかりして今年も乗り切りましょう!