敬老の日は孫からの手作りハガキを贈ろう!おすすめのアレンジ方法をご紹介

9月の敬老の日では毎年、何を贈ろうか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

「バレンタインはチョコレート」、「母の日はカーネーション」と、贈り物が決まっているわけではなく、誕生日のようなお祝いの日でもないため、余計に頭を抱えてしまいますよね。

和菓子などの食べ物も良いと思いますが、せっかくなので形に残るものを贈りたいという方が多いと思います。

そこでおすすめなのが、「手作りハガキ」です。

贈り物にかける予算も手軽にすみますし、手作りということで思いもしっかり伝わることでしょう。

かつ、孫からの贈り物ということであれば、おじいちゃん・おばあちゃんもきっと喜んでくれます。

そんな孫からのハガキを贈る時に役立つ情報・アレンジ方法をまとめましたので、ご紹介いたします。

 

敬老の日に贈る孫からのハガキには何を書く?

敬老の日は、字のごとく「ご老人を敬う」という日です。

敬老の日は祝日にあたりますが、お祝いということではないので、「おめでとう」などの言葉はではなく、「日頃の感謝」を伝えることが多いようです。

「改まると何だか恥ずかしい」という方も多いと思いますが、敬老の日というイベントに乗っかり、普段なかなか言えない言葉を伝えるとよいと思います。

また、”孫から” という方法を使えば、恥ずかしさも軽減できるのではないでしょうか。

ただ「何を書いたら良いか悩む」という方も多いと思いますので、そのような場合は、以下のポイントを参考にするとよいでしょう。

  • 高齢者を労う言葉
  • 日頃の感謝を伝える
  • 健康・長寿を願う

長い文章でなくても、

「いつもありがとう」
「いつまでも長生きしてね」
「いつまでも元気でいてね」
「また会いに行くね」

などの一言でも思いが伝わりますので、難しく考えず、日頃の感謝や健康を願う言葉で充分だと思います。

それが孫からの言葉であれあば、おじいちゃん・おばあちゃんも尚更喜ばれるでしょう。

 

敬老の日に贈る孫からのハガキのおすすめアレンジ方法

日頃の感謝や健康を願うことを、言葉(文章)で伝えるのが一番思いが伝わりますが、

  • 孫からの手作り感を出したい
  • まだ字が書けない子供は何を書いたらいい?
  • 文章だけでは物足りないのでは?

と感じる方は、以下の方法もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

おすすめ①:似顔絵

 

この投稿をInstagramで見る

 

#敬老の日ハガキ#いつもありがとう❤️#大好きだよ❤️#届くの楽しみにしていてね!#杉の子幼稚園

杉の子幼稚園さん(@suginoko_kindergarten)がシェアした投稿 –

お子様がまだ文字が書けないが絵は描けるといったご家庭でしたら、似顔絵がおすすめです。

お子様が一生懸命書いたものであれば、つたない絵でも思いが伝わると思いますし、何よりおじいちゃん・おばあちゃんのことを思って描いてくれたということが、一番うれしいはずです。

装飾として、シールなどを貼るのも良いかと思います。

100均で色々な種類のシールが売っているのでそれを使うのもおすすめです。

 

中には、お子様が描いた絵がフォトフレームにプリントできるサービスもあるようなので、こういったのもよさそうです。

 

おすすめ②:手形・足形

 

この投稿をInstagramで見る

 

幼稚園からの宿題。 両方の祖父母に敬老の日のハガキを作成。 字を書かせるのにも一苦労😅 喜んでくれるといいなぁ💕

Saori Kurashigeさん(@saorin_k6)がシェアした投稿 –

お子様がまだ乳児や2歳くらいまでのご家庭でしたら、ハガキに手形や足形を載せるのもおすすめです。

普段なかなかおじいちゃん・おばあちゃんと接する機会が少ない場合はなおさら、現在の孫の成長具合を見ることができます。

また、来年になったときに振り返って見て、その今年の手形や足形と比較して、成長ぶりを感じることもできます。

”その時にしか残せない証”を贈られるというのは、何にも代えられない大切な思い出の品となるでしょう。

 

手形や足形をプリントするためのスタンプとして、以下のようなものもありますので、参考にされてはいかがでしょうか。

 

おすすめ③:写真

 

この投稿をInstagramで見る

 

今日は敬老の日👴👵 ❤︎ 自宅で写真を撮って セブンで、はがき印刷しました❤️ ❤︎ あとはこの前、保育園のサークルで作った写真立てを プレゼントしたよ☺️💖 ❤︎ だいーぶ手抜き感あるけど😅 やっぱり写真は嬉しいみたい🤗 毎日のように、何枚も写真見てるんだけどね😅笑 ❤︎ 来年は動画とかにしようかな〜❤️再来年は一緒になにか作ったりできたらいいな〜❤️ と今から楽しみ😆 ❤︎ 行事とかイベントごとはやりたいタイプ! 息子にも大切にしてほしいなあ…❤️ でも極度のめんどくさがりだから、適当なことが多いけど😂笑 ❤︎ ❤︎ ❤︎ ❤︎ #2018baby#春生まれベビー#男の子ママ#埼玉ママ#4月生まれ#4月7日生まれ#生後5ヶ月#赤ちゃんのいる生活#新米ママ#敬老の日#敬老の日プレゼント#敬老の日ハガキ#いつもありがとう#おじいちゃん#おばあちゃん

@ kxx819xxeがシェアした投稿 –

写真が印刷されたハガキであれば、手軽に準備ができ、費用も抑えらえます。

また、孫の様子も写真で確認することができるので、こちらも喜ばれるおすすめの方法です。

PCが無くても、スマホの写真をプリントできるサイトもあるので、気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

 

敬老の日に贈る孫からのハガキの渡し方は?

用意した手作りハガキを渡すには、できれば直接、一言伝えながら渡すのが一番良いですが、ご実家が遠方など手渡しできない場合は、郵送でも問題ありません。

ただ、敬老の日の当日に到着するよう用意したり調整が必要になります。

送ったら当日、電話などで一言、日頃の感謝を伝える、というのも喜ばれると思います。

もし、ハガキの郵送が遅れてしまっても、ご家族内でのやりとりなので、そこまで問題になることもないと思います。

遅れてしまった場合でも、電話やメールなどで「送ったから見てね」などと伝えるのでも、敬老の日に準備してくれたという思いは十分伝わるので、心配はいらないと思います。

あわせて、孫の写真や動画なども一緒に送ると、おじいちゃん・おばあちゃんもさらに喜んでくれるでしょう。

 

まとめ

敬老の日の贈り物で喜ばれるものとして、孫からのハガキとそのアレンジ方法についてお伝えしました。

ご自身が親になったことで、親の大変さということが身に染みて感じている方も多いのではないでしょうか?

そんな中で、普段なかなか言えない感謝の気持ちを、敬老の日というせっかくの機会に伝えてはいかがでしょうか。

お子様と一緒に、孫からの贈り物としてプレゼントするのも良いと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。