キングヌー井口理の「声」を解説!ハイトーンや芸大声楽科の発声法や技術も使っている?

現在人気沸騰中のバンドKing Gnu(キングヌー)のボーカルである井口理さんの「声」について解説していきます。

キングヌーのボーカル井口理さんの声、歌っているときのハイトーンボイスなど、とっても魅力的ですよね。

昨年末の紅白歌合戦で披露した「白日(はくじつ)」は私も好きな一曲ですが、キングヌーファンの中には、井口理さんの歌声に魅了されている方も多いのではないでしょうか?

井口さんの特徴的であるハイトーンボイスや時折見せるハスキーな歌い方など、最高ですよね!

そんな井口さんの歌い方は、出身である東京芸大の声楽科で学んだ発声法や技法も使っているのではないかと思い、これまでの楽曲から、私なりにですが分析してみましたので、ぜひご覧ください。

キングヌー井口理の声の特徴は?

まずは、キングヌー井口さんの歌声の特徴を見ていきたいと思います。

キングヌーはボーカルが常田さんと井口さんの2人で、どの楽曲でもだいたい二人で掛け持ちして歌っていますね。

井口さんの歌声は、何といっても高音で綺麗に歌い上げるのが特徴的です。

井口さんメインの部分でも高音域の部分は多いですが、曲によっては、声質も変えているのか雰囲気がガラッと変わります。

時折見せるハスキーな部分も魅力的ですね。

これらについて、細かく見ていきましょう。

透き通るようなハイトーンボイス

キングヌーがメジャーデビューした時の1stアルバム「Sympa」に収録されている一曲です。

井口さんの真骨頂ともいえる、繊細で高音の透き通るようなハイトーンボイスがこれでもか!と言わんばかりに発揮されている一曲です。

高音部分を透き通るような裏声で歌い上げ、さらには音程もずれることなく、聴いているこっちが心地よくなるような歌声ですね。

同じボーカルの常田さんも、井口さんの声を「誰からも嫌われない声」を高く評価しています。

そんな信頼関係や、メンバーの特徴を熟知しているからこそ、こんな曲が生まれるということも納得できますね。

ハスキーな歌い方や声の出し方

ジョニーデップばりのサングラス・ヒゲ・ヘアスタイルでギターをかき鳴らす常田さんの隣で、ハスキーながらも力強く歌い上げる一面に、色気を感じますね!

先ほどのハイトーンボイスとは打って変わり、力強さもあり、歌唱力の高さがよくわかりますね。

また、Aメロ、Bメロでの吐息交じりの歌声と、サビの部分の歌声で声の出し方に違いを出していて、表現に違いを出しているところも魅力的です。

ちなみに、このMVの映像の雰囲気は、彼らのファッションもあると思いますが、80年代を彷彿とさせる雰囲気に、センスの高さを感じますね。

芸大声楽科ならではの発声法や技術を使っている?

キングヌーの井口理さんは東京芸大の声楽科を卒業しています。

芸大で学んだ声楽の知識や技術・発声法なども楽曲の中で使われていたらと思うと興味深いですよね。

「東京芸大」「声楽科」と聞くと、何となくクラシックで固いイメージになってしまいますが、声楽科出身でも、劇団に入ったりする人もいるので、全員がその道に行くことはないみたいです。

なので、特にクラシック要素は除いた視点から、声楽の発声法や技術が使われているかを見ていきたいと思います。

地声と裏声(ファルセット)の切り替えがすごい

キングヌー井口理さんは地声を裏声(ファルセット)を巧みに使います。

その技術が最も表れているのが、この「白日(はくじつ)」かなと思います。

冒頭の吐息交じりの声も魅力的ですが、サビのところでの地声と裏声を交互に使う技術がスゴイ!

普通なら音程を外したり、声が出なかったりするところを、何度も出てくる地声と裏声の繰り返しを、見事に歌い上げています。

裏声(ファルセット)ができると、

  • 表現の幅が広がる
  • オクターブのコーラスで深みが出せる
  • コーラスで合唱やアンセム感を演出できる

とメリットがたくさん。

キングヌーの曲もそのメリットがたくさん表れたものが多いですね。

まさに最強の音楽集団だと思います。

微細なビブラートの技術

先ほどのハスキーな歌声を披露している曲で、節目節目のところで絶妙なビブラートをかけています。

普通なら何となく終わる節目を、若干ビブラートをかけることによって、曲に深みが出るように表現していると感じます。

ビブラートのコントロール方法は専門家ではないので、難しさまでは説明できないですが、東京芸大の声楽科では習う技術だと思いますので、それが曲の節目のところでも垣間見れ、歌唱力の高さにはさすがを言わんばかりですね。

声量を巧みにコントロール

こちらも「白日」で特に顕著に表れていると思いました。

特に出だしの部分で、吐息交じりのウイスパーボイスから、徐々に熱がこもっていき、サビの部分で、力強く歌い上げていますね。

その声量のコントロールを一曲の中で行っているこの「白日」なので、年末の紅白歌合戦では、本人かなり集中を要したようです。

それだけ難しい歌で、難しい技術が用いら入れているということですね。

まとめ

今回は、キングヌー井口理さんの声について、ハイトーンやウイスパーボイスなどの特徴から、東京芸大の声楽科での発声法や技術の使われ方について、私なりに分析・解説していみました。

こんな素晴らしいボーカルなのですが、昨年のMステではとんでもない姿が放送され、そのギャップも魅力の一つで、ファンが多い理由でもあります。

その部分だけでなく、本当の「井口さん」の魅力が伝わればいいかなと思いましたw

最後までご覧いただきありがとうございました。