King Gnu(キングヌー)ライブレポ!雰囲気や感想にセトリも一挙まとめ!

2020年の今年も爆走間違いなしのKing Gnu(キングヌー)!

特に昨年は、2019年リリースの曲やデビュー前の曲などのセトリを掲げて挑んだワンマンライブツアーが大盛況!

1月15日にリリースされたニューアルバム「CEREMONY」の発売に合わせ、今年もライブやフェスへの出演も徐々に決定してきています。

今年こそキングヌーのライブに参戦するぞ!という方は必見!

昨年のキングヌーのライブレポや感想、セトリをまとめてみました!

また、初めて行かれる方はライブの雰囲気も気になりますよね。

昨年のライブではモッシュなどの行為でライブが中止になるかも!という状況にもなっています。

実際にライブに行った方の感想なども載せておきますので、ライブの雰囲気はそちらを参考に、期待に胸を膨らませ、挑んでみてください。

 

King Gnu Live Tour "Sympa" セトリ&ライブレポ!

King Gnu Live Tour "Sympa" セトリ

2019年に行われたワンマンライブツアー"Sympa"のセットリスト(セトリ)です。

メジャーデビュー前のアルバム"Sympa"の中から選りすぐりの曲と、アコースティックバージョンも聞けるセトリとなっていました。

一部「Tokyo Rendez-Vous」では、スマホでの撮影許可が出たそうで、そのようすもライブレポにまとめてみましたので、ぜひご覧ください。

  1. Slumberland
  2. Sorrows
  3. Vinyl
  4. McDonald Romance
  5. ロウラブ
  6. Bedtown
  7. NIGHT POOL
  8. 白日
  9. Hitman
  10. Vivid Red
  11. Flash!!!
  12. Don't Stop the Clocks(アコースティック)
  13. It's a small world(アコースティック)
  14. 破裂(アコースティック)
  15. Tokyo Rendez-Vous
  16. あなたは蜃気楼
  17. Prayer X
  18. Teenager forever
  19. The hole
  20. サマーレイン・ダイバー(アンコール)

 

キングヌーライブ“Sympa” 東京会場レポ

2019年のライブツアーSympa初日は、東京の新木場STUDIO COASTにて行われました。

人気曲の「Tokyo Rendez-vous」で、ファンには嬉しい撮影許可がおり、観客の方たち大勢でスマホを掲げるという、ライブでは珍しい光景と、異様な雰囲気の中、曲が始まりましたが、トラブル発生!!

撮影されていることを忘れていたギター&ボーカルの常田さんがやらかしてしまい、一旦中止となるハプニングが・・・。

「Tokyo Rendez-vous」の怪しげな雰囲気から一転、笑いが起こる状況に!

通常なかなか味わえないハプニングを楽しめたライブになりました。

曲やプロモーションにこだわる常田さんには珍しい、おちゃめな一面が垣間見れた瞬間でした。

キングヌーライブ“Sympa” 広島会場レポ

広島のライブに行かれた方の感想です。

心動かされるパフォーマンスだったみたいですね!

前回の新木場STUDIO COASTでは、ワンマンライブ初回ということもあり、盛り上がった結果、密集した客席でトラブルがあったようです。。。

そのため、メンバーから注意の呼びかけと心配の声があった影響でか、広島の回はみなさん言いつけをきちんと守ったようですね。

人気のバンドなだけあって、ライブは毎回超大盛り上がり!

モッシュなどの危険行為は絶対NGです!

メンバーに気を使わせる・ライブが中止になるような行為はやらないよう、マナーを守りつつ楽しみたいですね。

 

キングヌーライブ“Sympa” 福岡会場レポ

 

この方の感想にある、気持ちが満たされるライブって素敵ですよね。

心底楽しめるライブが見れるのも、キングヌーだからこそ!

チケット入手が困難!と言われる理由もわかりますね。

また、ライブの楽しみの一つでもあるのが、「ライブグッズ」ですね。

ライブグッズも、面白そうなものがあるみたいですねw

ボーカルの井口理さんならではの、何とも言えない表情が良いですね。

 

キングヌーライブ“Sympa” 大阪会場レポ

 

 

MCの一コマですね♬

観客とのやりとりが面白いw

キングヌーがライブで見せる圧巻のパフォーマンスに対して、和やかな雰囲気のMCも行われるみたいですね。

井口さんの魅力的な歌声と、愛らしくも面白い一面がキングヌーのライブでは存分に発揮されていたことでしょうw

こうやって、観客との会話があり、アーティストとの距離が近いと嬉しいし楽しいですよね!

より一層ファンになりそうです!

VIVA LA ROCK 2019 (ビバラ) セトリ&ライブレポ!

2019年5月のGWに、埼玉スーパーアリーナで行われた「VIVA LA ROCK 2019(ビバラ)」のライブレポと、フェス出演時のセットリストをまとめました。

「白日」をリリースしてテレビ出演し、より多くの人にキングヌーの魅力が伝わった後のフェスということで、大盛り上がりを見せました。

早速見ていきましょう!

VIVA LA ROCK 2019 (ビバラ) セトリ

King Gnu(キングヌー)のビバラ2019のセトリは、以下のとおりでした。

  1. Slumberland
  2. Sorrows
  3. Vinyl
  4. 白日
  5. Flash!!!
  6. Prayer X
  7. The hole
  8. Tokyo Rendez-Vous

 

VIVA LA ROCK 2019 (ビバラ) ライブレポ

1曲目の「Slumberland」は、今年の新曲で、2月末にMステに初出演した時に披露した曲。

今年最も注目すべき、人気沸騰中のバンドなだけあって、その期待に応えることのできる一発目の曲だったと思います。

King Gnu(キングヌー)の代名詞とも言える、ボーカル常田さんの拡声器を使ったパフォーマンスと、サビの部分のコーラスが会場のボルテージをも上げ、大合唱となったようです。

 

2曲目の「Sorrows」は、「アサヒ ドライゼロスパーク」のCM曲として採用された、疾走感あふれる曲です。

 

3曲目の「Vinyl」では、ボーカル井口さんのハスキーな歌声が魅力的な一曲です。

井口さんはPVにもメインで出演しており、2人の女性との絡み・演技にもぜひ注目していただきたいです。

 

4曲目の「白日」は、4月末の2回目のMステで披露した際には、ネットが騒然となった、聴く人をどんどん虜にしてしまう名曲です。

ミドルバラードでありながら、ビバラのメインステージに引けを取らず歌い上げた白日に、会場からも盛大な拍手が鳴り響いたそうです。

 

曲調が一転して、5曲目の「Flash!!!」では、再び会場が激走し、6曲目の「Prayer X」ではバンドと会場がさらに一体感を増しました。

 

7曲目の「The hole」では、常田さんの冒頭のピアノが、今回のフェスにさらに花を添えるようなクラシックな演出を加え、井口さんがエモーショナルに歌い上げたそうです。

会場の観客もその演奏・歌声に聞き入ってしまったほどでした。

 

8曲目最後の「Tokyo Rendez-Vous」は、ワンマンライブでも盛り上がりを見せた一曲で、ワンマンライブでは、撮影&SNS投稿許可を出したりしていました。

一度やらかしたりしていますが・・・。

 

ビバラ2019では、最後の最後まで会場の観客の心を操り揺さぶるパフォーマンスに大盛り上がりを見せたライブだったと思います。

 

 

 

今回のフェスで初めてキングヌーを知った方もいらっしゃったようで、曲のセンスの高さや、パフォーマンスに一気に虜になってしまったようですね。

その気持ち、わかります!

 

こちらは、Suchmosのライブに、観客として参加していたキングヌー。

アーティストが、他のアーティストのステージを、観客と一緒に純粋に楽しむ。

こういったのも音楽フェスの醍醐味ですね。

 

まとめ

今や飛ぶ鳥を落とす勢いで邁進中のKing Gnu(キングヌー)のライブレポをまとめてみました。

2019年はライブに行かれた方の9割以上は大満足の感想を持っていました。

2020年一発目はアルバム「CEREMONY」を引っ提げて全国を回る予定です。

いよいよ今月末よりライブツアー開始です!

これを見て、ぜひ行ってみたい!と思った方は、速攻チケット予約必須です!

いったいどんなライブが繰り広げられるか、とても楽しみですね!!

また感想などのライブレポもお伝えしていきます。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!