プレス加工の種類

板金加工・プレス加工とは」で一部紹介しましたが、外形加工、曲げ加工、穴あけ加工以外にも加工方法はたくさんあり、身近で馴染みのあるものにも今回ご紹介する加工方法が使用されています。その中でも今回は、プレス加工について、代表的な加工種別をいくつかご紹介します。

絞り加工

プレス加工の一種で、板金部品に凹み形状を施し、立体的な形状にする加工方法です。円筒形のものから、四角・多角形の絞り、円錐絞りなど色々な形状から、浅絞り、深絞りなど深さも目的形状により様々です。絞り加工は加工ノウハウが問われる加工方法の一つでもあります。板金材料を少しずつ延ばしていき凹ませたりして形作るため、加工途中で板金材料が破けてしまったりすることがあります。その加工の加減については難しく、その部分で加工業者のノウハウが必要になってきます。

また、絞り加工も1回のプレスで搾れるものもあれば、「深絞り」の加工の場合、複数回プレスして目的の形状にすることもあります。これも一気に絞ることで破けたり、寸法が図面通りに仕上がらなかったりするため、絞りの工程を分割して少しずつ絞り加工を施し目的形状に仕上げていく必要があります。

成型加工

プレス加工の一種で、プレス成型の金型形状に板金部品を変形させて形作る加工方法です。その中でもいくつか代表的な成型加工をご紹介します。

・ビード

板金部品の歪みや反りを防止したり、補強目的で施す加工方法です。平面や細長い部分に施し、強度を上げたり寸法精度を上げたりするのに用いられます。

・バーリング

板金部品に穴をあけ、円筒上に穴の縁を絞って変形させる加工方法です。板金部品のネジ止めは、ある程度厚みがあれば板厚分をタップ加工しネジ止めし、板厚が薄ければスタッドと呼ばれるネジ止め用のボスを追加したりしますが、この加工を施すことで、薄い板金でも、スタッド無しで板金のみでタップ加工やネジ止めをすることができます

・三角リブ

板金部品の曲げた部分に、ビードのような変形を追加して曲げ部分を補強する加工方法です。曲げ部分が補強される以外に、曲げ加工後の寸法精度を安定させることもできます。

・ハーフピアス

ダボ」とも呼ばれたりしますが、板金にエンボス状凸または凹を施すプレス加工方法です。主に部品の合わせや嵌合の際の位置出しとして使用します。凸の高さは、板厚のだいたい50~60%くらいで設計します

接合加工

2枚の板金部品を繋ぎ合わせる加工方法です。「繋ぎ合わせる」といった意味では、ネジ止めや溶接も接合にはなりますが、今回はプレス加工による接合について、代表的な接合加工をいくつかご紹介します。

・カシメ

裁縫で使用するハトメリベットのような部品で、2枚の板金を接合させる方法です。2枚の板金に通したリベットをプレス加工し潰し広げて固定します。

・シーミング

2枚の板金部品の端を折り込んで接合する方法です。身近なものとして缶詰がありますが、側面の板金と底面の板金を数回折り込んで繋ぎ合わせています。折り込みの方法は様々な種類があり、折り込みが複雑であるほど強度が増しますが、加工が難しくなります。

圧縮加工

材料を切り抜いたり切り欠いたりするのではなく、金型で材料を潰して成型するプレス加工の方法です。メダルなどのコインがこの方法で作られており、コイニング加工とも呼ばれます。また板金材料に文字などの刻印を刻むのも、この圧縮加工によるものです。

いかがでしたでしょうか。

プレス加工の方法で、よく使用したり、身近なもので使用されている加工方法についてご紹介しました。どれも実践で役立つ方法ですので、ご参考にしていただけると幸いです。