小出監督死去・高橋尚子さん有森裕子さんらのコメントは?

昨日4月24日に、「小出監督」の呼び名で世間を賑わせた、陸上女子長距離の指導者である小出義夫さんがお亡くなりになりました。

死因については、心臓疾患が原因と思われましたが「肺炎」が原因と、その後発表されてました。

小出監督といえば、Qちゃんでお馴染みの高橋尚子さんや、アトランタ五輪メダリストの有森裕子さん指導者として有名でした。

今回の小出監督の訃報を受け、高橋尚子さんからのコメント有森裕子さんからのコメント、また青学陸上部顧問の原晋監督からもコメントがありましたので、ご覧ください。

高橋尚子さんからのコメント

小出監督の訃報が報じられた同日24日に、高橋尚子さんは報道各社にファックスを送り、下記のようにコメントしています。

「オリンピックでメダルを獲れたのも世界記録を出せたのも、今の自分があるのも小出監督のおかげです。弱い私を根気よく指導して下さって、一緒に走って下さって、自信をつけさせて下さって、監督の大切な時間を費やして下さって、オリンピックでメダルを獲らせて下さって、ありがとうございます、と何度言っても伝えきれないほどの感謝の気持ちでいっぱいです。

たくさんのことを教わりました。監督の笑顔をもっと見たかったし、お話しももっと聞きたかったです。これからは大好きなお酒をたくさん飲んで、思いっきりかけっこしてください」

引用元: https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190424-00000150-spnannex-spo

とコメントしました。

有森裕子さんからのコメント

有森裕子さんは、今回の小出監督の訃報を受け会見に応じていました。

有森さんは今年の3月、マラソン大会で小出監督に会ったのが最後で、体調が優れないのは知っていましたが、その時は写真を撮ったり、近況を話し合ったということでした。

現役時代に小出監督との衝突が多かったという有森裕子さんですが、会見では「私は法等に幸運だったと思う」と小出監督へ感謝を述べていました。

青学陸上部監督 原晋さんからのコメント

訃報をニュースで知ったという原氏は「3日くらい前から、佐倉ACでコーチをしていた高校の後輩から『小出先生がちょっと危ないんだよ』という情報はいただいてた。もっと元気で長生きしてほしかったんですけどね」と明かし残念がった。

青学大は2015年~18年に箱根駅伝4連覇を果たした。小出氏とは、原氏が箱根駅伝で初優勝した頃に電話で話をしたとを回想し「陸上界盛り上げてくれて有難うな。敵も増えるけど気にせず頑張れよ」と言われたエピソードを明かした。

原氏は「褒めて育てるという印象があるんですけども、実際には個性を見抜いて叱ったりアドバイスしたりしながら、その人の能力を上げることに長けてましたね」と話し「陸上界の指導者は皆、小出先生のことを尊敬してますよ」と、小出氏の高い指導力や人望について語った。

また「高校駅伝男子も優勝させているんですね。五輪も金・銀・銅、世界陸上も金・銅をとられて、『俺、あと箱根駅伝だけなんだよ。箱根駅伝やったら、俺勝てるもんな』ということをおっしゃられて、いやいやちょっと来ないでよって(思った)」と、小出氏が持っていたさらなる目標を明かしていた。

最後に「小出先生の指導を習いながら、褒めるということのことの大切さを学ばせてもらった。本当に心にぽっかり穴が開きました」と話し故人を悼んだ。

引用元: https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190424-00000148-spnannex-spo

今年の箱根駅伝連覇は逃したものの、現在長距離競技をけん引している原晋監督に対しても、小出監督は激励の言葉を述べていたといいます。

箱根駅伝にまで指導の幅を広げようとしていたという、常に現役でエネルギッシュな姿勢は、現役指導者の原晋監督もその姿勢を学んだということでした。

まとめ

小出監督の訃報を受け、愛弟子や関係者からのコメントをまとめました。

その他関係者からのコメントがありましたが、随時更新していきたいと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。