秋の衣替えに役立つ収納術!上手な洗濯方法や便利グッズも

猛暑の夏が過ぎ、そろそろ秋を感じる風が吹くようになりました。

秋になると、億劫に感じるのが「衣替え」

衣替えはいつから始めればいいの?と思ってはいるものの、「まだいいや…」なんて面倒になってしまいがちですよね。

しかし、衣替えのコツさえつかめば、面倒な衣類の入れ替えや整理整頓もあっという間に!

そんな秋の衣替えに役立つ収納術をご紹介します。

そして衣替えをするときは収納する前に必ず洗濯をしてから行うのが良いとされています。

衣替えの時期、洗濯せずそのまま収納する人も多いはず。

しかし、そのままにしておくと衣服がとんでもないことに…。

衣服をきれいに保存するために、収納前にやっておくと良い、上手な洗濯方法もご紹介します。

また、衣類を収納するときに役立つ便利グッツも合わせてご紹介します。

 

収納術①収納する前に衣類の整理をしてみよう!

衣替えは、ただ衣服を季節にあったものに替えるだけだと思っている人も多いと思いますが、それ以外に「衣服の整理」の絶好の機会でもあります。

そのまましまうだけだと、せっかくキレイにしまっても引き出しがパンパンでシワがついたり、どこに何があるかわからなくなったりすることも。必要がないものはこのタイミングで処分しておくと「次の衣替え」の手間が省けますよ。

袋を用意し、以下のような洋服はどんどん処分か判断をしてみましょう。

処分する衣類の基準
● 少し前に流行ったシルエットのもの
● 毛玉がついているもの
● ヨレているもの
● 汚れたり傷んだりしているもの
● 実用的ではないもの(1年以上使っていないもの)

 

収納術②必要な服だけをクローゼットに収納

整理が終わったらあとは必要な服だけをクローゼットに並べます。

これからしばらく着ない服だけは下記の点に気をつけて収納しましょう。

 

汚れていないか確認する

汚れは衣服を傷める原因になります。

キレイに洗い、湿気をためないようによく干してからしまいましょう

家で洗えないものはクリーニングに出すといいですよ。

 

デリケートな衣服をはぶく

しまう服はたたんでケースなどに押し込めば大丈夫です。

ただ、コートやワンピースなどのシワや型崩れが気になるデリケートな服は、ほかの服とわけて吊るす収納にします。

ホコリがかぶらないようカバーをかけるとよりキレイをキープできますよ。

 

虫害やカビの対策をする

長期収納のときには、虫食いやカビ対策までできると完璧です。

収納したら防虫剤や除湿剤をおいて、虫やカビを寄せつけないように工夫しましょう。

 

収納術③収納アイテムを使おう!

衣替えをラクにするポイントは、「衣服の移動をラクにする」こと。

なので、収納ケースから見直すと作業の手間が省けますよ。

 

押入れチェスト

引用元:https://images.app.goo.gl/ncsoJDawuztzXBHE7

キャスター付きのチェストを使えば、衣替えのときの移動がラクにできます。

全部の服を広げる必要がなくなり、チェストごと移動させれば衣替えがすんなり終わりますよ。

 

収納ボックス チェスト

引用元:https://images.app.goo.gl/sBctxNFzJ6NJHVzo9

 

衣装ケースを使っているおうちにオススメなのが、一段ずつ個別に売られているタイプのもの。

シーズンごとに収納する服をまとめておけば引き出しを取り替えるだけで衣替えが完了します。

重ねられるので押入れもスッキリです。

 

収納術④衣替えナシの収納法

「整理」を徹底的に行うことで、そもそも面倒な衣替え自体をしない方法もあります。

それは、もっている服をすべてクローゼットに収納する方法です。

1ヶ所にすべての服がまとまっていればわざわざ衣替えはしなくてすみますね。

最低限の服しかもたないくらいに断捨離できれば、面倒な衣替えや部屋が散らかるストレスから解放されますよ。

 

上手な洗濯方法

夏物をしまうときにまず気をつけたいのは、黄ばみの原因となる隠れた汗染み。

しまう前にはかならず洗濯やクリーニングに出すように心がけましょう。

(衣替え前後の洗濯についてはコチラ)

 

黄ばみ予防

着た後に、お洗濯している衣類も、汗がしっかり落ちていないこともあります。

衣替えでしまい込む前に、酸素系漂白剤を使って、汗抜きしておきましょう。

 

その際は、お湯30~50℃ 2リットルに対し、大さじ1程度を溶かし約30分ひたしたあと、すすぎます。

漂白もできる以外に、においもとることが出来ます。

次のシーズンに向けて、すぐに着ることが出来るようにしまっておくと便利です。

 

色あせの予防

おしゃれ着用洗剤には、色あせの予防の効果を含むものがあります。

夏場の日差しは特に強いので、直射日光が衣類を傷め、色あせの原因になってしまうことも。

外で干す時は服を裏返して「陰干し」をしましょう。

収納する時は、直射日光の当たらないところへしまいます。

 

しわにならない洋服を持つ

引用元:https://images.app.goo.gl/rkvgcaEqrGJCFQZWA

次のシーズンまで、畳んでしまうシャツなどは、着ようとした際、しわしわですぐに着ることが出来ないなんてことがあります。

そんなことがないように、しわになりにくい素材の衣類をそろえることも、日々のやることを減らすコツになります。

 

便利グッツ

長期間収納するときには、先ほどご紹介したような点に気をつける必要があります。

むずかしく考えすぎずに、市販の便利なアイテムを活用するとかんたんです。

 

洋服カバー

クローゼットに長期間収納してもホコリがかぶらないようにするカバーです。

スーツなどのたためないデリケートな服も安心してしまえます。

通気性のよい不織布製で蒸れる心配もありませんよ。

 

防虫剤

引用元:https://images.app.goo.gl/EQ5utgxkm7nTsZzJA

クローゼットにかけておくだけで一年間虫を寄せつけない防虫グッズです。

コンパクトなサイズで置き場所に困ることもありません。

 

除湿剤

引用元:https://images.app.goo.gl/DHUHrn7ssm6juZtXA

湿気がこもりがちなクローゼットの中をしっかり守ってくれるのが除湿剤

シートタイプなので、衣類の収納の邪魔にならずしっかり湿気を吸い取ります。

 

【まとめ】

クローゼット

いかがでしたでしょうか?

秋の衣替えに役立つ収納術と、上手な洗濯方法や便利グッツについてご紹介いたしました。

季節ごとに訪れる衣替えはいつも面倒なものですね。

ただ、収納や使うアイテムのひと工夫で翌年以降の準備がグッとラクになります。

整理できていると、来シーズンの衣替えには時間がかからないはずですよ。

お気に入りの服だけで満たされたクローゼットなら毎日のコーディネートも楽しくなりそうですね。

衣替えは、スマートにできると嬉しいですよね。

ぜひ、取り入れられることから、やってみていただきたいと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。