香嵐渓へのアクセスやおすすめの駐車場は?営業時間や渋滞する時間帯も

全国的にも名高い、愛知県有数の紅葉スポットである香嵐渓。

紅葉の見頃の時期には、県内外から多くの観光客が訪れます。

そのため、紅葉シーズンは、車でアクセスする際は周辺道路の渋滞に巻き込まれたり、駐車場が満車でなかなか駐車できなかったりすることも珍しくありません。

現地になるべくスムーズに到着し、時間を気にせず紅葉狩りを楽しむためには、香嵐渓へのアクセス方法、駐車場やその営業時間、また渋滞する時間帯もしっかり確認しておくことが重要です。

ここでは、香嵐渓までのアクセス、おすすめ駐車場と営業時間、さらに紅葉時期の混雑状況や渋滞する時間帯についてまとめましたので、お出かけ前にぜひ参考にしてみてください。

香嵐渓の紅葉2019の見頃や現在の紅葉状況、またライトアップやもみじまつりの情報についてもまとめていますので、そちらもチェックして紅葉狩りの計画に役立ててみてくださいね♪

 

香嵐渓へのアクセス方法

お車で

  • 東海環状自動車道 豊田勘八IC下車後、国道153号線飯田方面へ約13㎞

 

  • 猿投グリーンロード 力石IC下車後、国道153号線飯田方面へ約9㎞

 

公共交通機関で

<<期間限定!オーワバス香嵐渓直行バス>>

紅葉シーズン限定で運行される香嵐渓への直行バスなら、愛知環状鉄道・八草駅下車、直行バスで約60分。

  • 運行日:2019年11月9日(土)~30日(土)
  • 料金:片道大人800円 小人500円 未就学児無料
  • 運行時間:
    (平日)八草駅始発9:35/最終18:00
    香嵐渓始発11:50/最終19:30
    (休日)八草駅始発8:35発/最終18:00
    香嵐渓始発11:50/最終20:30
  • お問合せ:0565-67-2222(オーワバス)

 

<<名鉄電車・名鉄バス>>

  • 名鉄三河線・豊田市駅下車後、名鉄バス足助行き矢並線で約45分
  • 名鉄名古屋本線・東岡崎駅下車後、名鉄バス足助行き岡崎・足助線で約70分

 

詳しい時刻表は、こちらをご確認ください。

 

香嵐渓のおすすめ駐車場や営業時間は?

香嵐渓の周辺駐車場は、常設と臨時を併せて全部で11か所あります。

その中でも、おすすめ駐車場を5か所ピックアップし、平日と土日祝(日にち限定)に分けてご紹介します。

香嵐渓の紅葉シーズンは、大変駐車場が混み合うので、ぜひ事前にチェックしてお出かけくださいね!

 

土日祝(日にち限定)のおすすめ駐車場

①足助グラウンド(臨時)

足助グラウンド
  • 住所:〒444-2424 愛知県豊田市足助町真弓5−1
  • 収容台数:400台
  • 駐車料金:1回1000円
  • 営業時間:調査中
  • 開放日:
    11月17日(土)、18日(日)
    11月23日(金)、24日(土)、25日(日)

 

②足助小学校(臨時)

足助小学校
  • 住所:〒444-2424 愛知県豊田市足助町今岡33−2
  • 収容台数:200台
  • 駐車料金:1回1000円
  • 営業時間:調査中
  • 開放日:
    11月17日(土)、18日(日)
    11月23日(金)、24日(土)、25日(日)

 

③足助中学校

足助中学校
  • 住所:〒444-2424 愛知県豊田市足助町梶平58
  • 収容台数:150台
  • 駐車料金:1回1000円
  • 営業時間:調査中
  • 開放日:
    11月17日(土)、18日(日)
    11月23日(金)、24日(土)、25日(日)

 

足助グラウンド、足助小学校、足助中学校の3か所は、11月の紅葉見頃の土日祝のみ開放される臨時駐車場です。

駐車場は近くの場所から埋まっていき、周辺道路も混雑します。

上記3か所は、香嵐渓から約1㎞と多少離れていますが、収容台数も多いので、比較的スムーズに駐車できるでしょう。

駐車場からは、どこも徒歩20分程度で香嵐渓に到着できます。

近くの駐車場まで行って、渋滞に巻き込まれるよりは、返って早く香嵐渓に辿り着けますよ!

 

平日のおすすめ駐車場

①宮町駐車場

宮町駐車場
  • 住所:〒444-2424 愛知県豊田市足助町宮平39−8
  • 収容台数:200台
  • 駐車代金:1回1000円
  • 営業時間:8:00~17:00

宮町駐車場は、常設では一番収容台数が多い駐車場です。

香嵐渓のシンボル「待月橋」にも近い場所となります。

 

②多目的広場

多目的広場
  • 住所:愛知県豊田市岩神町簗瀬25-1
  • 収容台数:500台
  • 駐車料金:1回1000円
  • 開放時間帯:一般車両は夜間ライトアップ時のみ

多目的広場は、夜間のみ開放される駐車場です。

収容台数が多いため、ライトアップや夜のイベント等お目当てで行く人にはおすすめです。

 

香嵐渓の紅葉時期の混雑状況や渋滞する時間帯は?

全国から多くの人が訪れる、紅葉名所の香嵐渓。

紅葉シーズンには、周辺道路が渋滞し、駐車場も大変混雑します。

例年の混雑・渋滞状況や、渋滞する時間帯と場所、それを回避する方法を調査しましたので、ご覧ください。

香嵐渓の紅葉時期の例年の混雑状況は?

たくさんの人が長時間の渋滞に巻き込まれていますね。

紅葉見頃の時期の混雑・渋滞状況はやはりかなりのものです!

 

香嵐渓の紅葉時期の渋滞する時間帯は?

豊田勘八ICや力石ICを降りた車が合流し、香嵐渓へ向かう国道153号線は毎年かなり渋滞します!

インター下車後、香嵐渓まで2時間以上かかってしまうという場合もあります。

また、周辺道路は午前9時過ぎから渋滞し始め、10時過ぎには数㎞単位の渋滞になることも珍しくないようです。

ライトアップ目的の人も多いため、日没時間を目指しての到着や、帰りはライトアップが終わる午後9時やはり渋滞のピークとなるでしょう。

 

香嵐渓の紅葉時期の渋滞を回避する方法は?

それでは次に、渋滞を回避する方法や時間帯をご紹介しますね!

猿投グリーンロードを利用する場合、香嵐渓に近い力石ICで降りると、そこからの国道153号線の大渋滞に巻き込まれてしまいます。

そのため、国道153号線をなるべく通らないために、力石IC手前の枝下ICで降り、県道11号線を東に進むのがおすすめです。

距離的には大回りになりますが、香嵐渓への車でのアクセスで重要なのは、渋滞に巻き込まれないことです!

 

東海環状自動車道を利用する場合は、豊田勘八ICで降りて豊田市方面へ向かい、県道11号線を利用するのが良いでしょう。

また、朝は早ければ早いほど渋滞に巻き込まれずに済みます!

午前9時には渋滞が始まるという情報が多いので、それまでの到着がおすすめです。

ライトアップを見に行くなら、夕方ではなく、午後14時頃の到着を目指すと、大渋滞に巻き込まれずに済む確率が高いでしょう。

実際に紅葉シーズンにお出かけした人も、迂回ルートを利用したり、早朝に出発したり、みなさん渋滞に巻き込まれないよう対策していますね!

 

まとめ

香嵐渓の紅葉2019について、アクセス方法やおすすめの駐車場についてお伝えしました。

また、見頃の時期の混雑・渋滞状況と回避方法についてもまとめました。

なるべくスムーズに現地に到着して、心置きなく紅葉を楽しむために、お出掛けの際にはぜひこちらの情報を参考にしてみてくださいね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。