江東花火大会2019の場所取りの時間やおすすめ穴場スポットは?

東京都江東区では毎年8月に「江東花火大会」が開催されます。

荒川の河川敷を会場とし、打ち上げ場所から150mの至近距離で打ち上げ花火が鑑賞でき、迫力を十分に味わうことができる花火大会です。

しかし、江東花火大会は有料席の設置がないので、事前に観覧席を確保することができないため、人気の観覧エリアは毎年混雑を避けることができず、場所取りが必須です。

そこで今回は、観覧場所の場所取りのコツや、ゆったり花火を観覧したい人にとっておすすめしたい穴場スポットの情報をお届けします。

 

江東花火大会2019の場所取りの時間やコツは?

江東花火大会は、有料の観覧席がありません。

都内で開催される花火大会の中でも比較的来場者数が少ないため穴場の花火大会でもありますが、人気エリアは毎年混雑します。

そのため、観覧場所である荒川河川敷の砂町水辺公園では、場所取りが必要になります。

混雑を回避する、人気エリアで花火を観覧したい方は、開催時間よりも前もって来場し場所取りをすると良いでしょう。

打ち上げ場所のすぐ近くの砂町水辺公園中心で場所取りをしたい場合は、午前中~正午にかけて場所取りをすれば人気エリアで干渉することができそうです。

もしくは、砂町水辺公園中心から離れるにつれて場所取りがしやすくなりますので、開催時間の少し前に来場する場合でも確保することがきます。

また、対岸にある首都高の高架下部分にも観覧できそうな場所があるので、そこを狙うのもよいかもしれませんね。

その他、おすすめの穴場スポットもありますので、このあとご紹介します。

開催時間近くは会場までの道も混雑するため、当日は時間に余裕を持って場所取りに向かうとよいでしょう。

 

江東花火大会2019おすすめの穴場スポットは?

お伝えしたように、江東花火大会は、有料の観覧席がありませんので、河川敷での観覧となります。

どうしても混雑を避けたいという方は、こちらの穴場スポットで観覧するとよいでしょう。

以下におすすめの穴場スポットをまとめましたので、参考にしてみてください。

また、穴場スポット近くまでのアクセス方法はこちらも参考にしてみてください。

 

穴場スポット①:葛西橋下

駅からは離れた位置にあるため、移動が大変な面もありますが、その分観覧者が少なく、混雑を回避して観覧したい方にとってはおすすめしたい穴場スポットです。

途中までバスで移動して、そこから歩きで向かうのであれば、それほど徒歩で移動することがないので、アクセスも問題ないと思います。

 

穴場スポット②:首都高中央環状線高架下

メイン会場である砂町水辺公園の対岸にある首都高高架下もおすすめしたい穴場スポットです。

対岸なのでメイン会場との花火の見え方は大差なく、十分に花火を堪能することができます。

最寄り駅から距離があるため、お子様連れなどの方には向いていません。

また、周辺にトイレやお店もないため、準備などは事前に済ませてから向かうとよいでしょう。

 

穴場スポット③:清砂大橋

清砂大橋の上からは、目の前に遮るものがないので、十分に花火を観覧することができます。

橋の上というこで、座って観覧することや、大人数の団体で観覧することはできないため、少人数で立ち見OKの方におすすめしたい穴場スポットです。

また、歩道なので常に人の動きがあることと、人通りも混雑しているので、常に落ち着きはないかもしれませんが、それでも我慢できる方はこちらをご利用いただくとよいかもしれません。

 

穴場スポット④:西葛西側河川敷

打ち上げ場所付近ですが、首都高を挟んだ対岸に位置する河川敷です。

メイン会場である砂町水辺公園と反対側なので、花火の大きさや雰囲気は十分に堪能することができます。

最寄り駅は「西葛西駅」で、そこから徒歩15分くらいで観覧場所に行くことができます。

目の前に首都高が走っているのが気になる人は気になるかもしれませんが、それほど邪魔にはならず、都心ならではの風景ということで考えれば許容範囲かと思います。

途中にイオン葛西店などもありますので、飲み物や食べ物を買ってから向かうのもよいかもしれませんね。

ただし、その際はゴミの持ち帰りを必ず行ってくださいね。

 

穴場スポット⑤:大島小松川公園 展望の丘

都営新宿線「東大島駅」をご利用の方におすすめしたい穴場スポットです。

少し小高い所にある公園で、広々とした敷地にレジャーシートを敷いて、ゆったり観覧することができます。

打ち上げ場所からは遠くなりますが、敷地も広く混雑は回避することができるでしょう。

公園のトイレもあるため、お子様連れの方にはおすすめしたい観覧場所です。

 

まとめ

東京都江東区の江東花火大会について、場所取りやおすすめ穴場スポットについてもお届けしました。

江東花火大会の情報が更新されましたら、随時更新していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。