新入社員のネクタイで色や柄の選び方は?意味や相手に与える印象は?

4月からいよいよ新社会人。

学生時代はあまり馴染みのなかったスーツやネクタイですが、これから毎日スーツを着るという方も多いと思います。

新卒者にとって3月は新生活のための準備期間で、この時期にスーツやネクタイを準備する方がほとんどです。

いざスーツやネクタイを買うとなると、どんな「色」や「柄」が新入社員にふさわしいか、気になりませんか?

特にネクタイは服装のポイントとなる部分で、相手にあたえる印象も変わってきたりします。

そこで今回はネクタイの選び方として、新入社員が身につけるのにふさわしい色や柄をご紹介します。

新社会人としての一歩を踏み出すために、フレッシュな気持ちで4月から働けるよう、ネクタイを選ぶ基準の参考にしていただければと思います。

新入社員のネクタイで「色」の選び方は?おすすめや避けるべき色はコレ!

新入社員のネクタイの選び方で、特に「色」について、選び方の基準やポイントをお伝えします。

また、新入社員としてふさわしい色や、避けるべき色についてもまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

ネクタイの「色」の選び方やポイントは?

4月から新入社員として働くわけですが、まず意識すべきこととしては、真面目に仕事に取り組む姿勢です。

ネクタイやスーツをおしゃれに着こなすことで、自分の気持ちもアップしますが、まずは仕事を頑張る!という姿勢を示すことを心がけましょう。

その際に、たくさんの色を使った色も派手なネクタイなどこだわりが表れるようなものだと、上司や先輩からマイナスな印象を受ける場合もありますので、単色のネクタイがおすすめです。

では、具体的にどんな色が良いか、見ていきましょう。

新入社員が身につけるネクタイで「おすすめの色」は?

スーツやYシャツとの組み合わせにもよりますが、具体的には、

  • ネイビー
  • グレー
  • ワインレッド

などが派手過ぎず、オシャレ感もあり、スーツにもよく合う色です。

新入社員のみなさんは、4月からは新社会人として上司や先輩から色々なことを教わりますが、勉強させてもらうというフレッシュな姿勢は、ネイビーやグレー、ワインレッドなどのネクタイの色だと伝わりやすいです。

また、上司や先輩へのイメージも「誠実さ」や「これから仕事を学んでいく意気込み」が伝わりやすいです。

ネクタイの色で迷った場合は、これらの色を参考にしてみてください。

新入社員が身につけるネクタイで「避けるべき色」は?

薄いピンクゴールドなどの派手で明るい色は、親近感が沸く色ですが、新入社員が会社に身につけていく色としては浮かれている印象を与えてしまうのでNGです。

自分が逆の立場で考えてみて、後輩が入社して間もない時期に、ピンクやゴールドなどの派手な色のネクタイをつけてきた場合の事を考えると、良い気分に感じることは少ないと思います。

会社に入ってから、数年後には結婚式ラッシュが待っています。

そのような時は思い切ってオシャレして、普段仕事で身につけられないような色にするのもgoodです!

新入社員のネクタイで「柄」の選び方は?おすすめや避けるべき柄はコレ!

色の他に、ネクタイを選ぶ際に「柄」もたくさんあり気になるところです。

新入社員のネクタイの選び方で、特に「柄」について、選び方の基準やポイントをお伝えします。

また、新入社員としてふさわしい柄や、避けるべき柄についてもまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

ネクタイの「柄」の選び方やポイントは?

ネクタイの柄によっては相手に与える印象が様々です。

ネクタイの色と同様に、まずは新入社員として仕事への姿勢を示していくことを心がけたいです。

柄がNGというわけではありません。

色と同様に、派手で主張の強すぎるようなものだと、身なりにばかり気にかけている印象を与えます。

では、具体的にどんな柄が良いか、見ていきましょう。

新入社員が身につけるネクタイで「おすすめの柄」は?

ネクタイの柄については、色と同様に、派手であったりポップな感じは避けておいた方がよく、

  • 無地
  • 斜めのストライプ柄
  • 小さ目のドット柄

が無難なものとしてはオススメです。

いくら新入社員と言っても「身なりを気にかけたい」「柄が待ったくない無地では物足りない」という方もいると思います。

そんな場合は、斜めのストライプや小さ目のドット柄であれば問題ないです。

要は、派手で主張の強すぎるようなものでなければOKということです。

新入社員が身につけるネクタイで「避けるべき柄」は?

  • ブランドもので、ロゴが柄になっているネクタイ
  • キャラクターがデザインされた柄
  • 大きめのドット柄

などの柄は、避けるべきです。

これらはオシャレな柄ではありますが、新入社員が身につけているものとしては不適です。

何度も言っていますが、これから仕事を頑張る・教えてもらうということは避けられません。

社会人になったからには、ブランドものを身につけたい!という方もいると思います。

そのような方は、これからたくさん経験を積んで、仕事がこなせるようになってからにしましょう。

将来、個性を出す意味でもそのような柄を身につけるのはありかもしれませんね。

ネクタイの色や柄の意味や相手に与える印象は?

ネクタイは、自分の見た目もそうですが、相手に与える印象も色や柄によってい変わってきます。

ネクタイの色や柄が相手に与える印象を知っておけば、コーディネートの際に効果的になりますので、ぜひ参考にしてみてください。

ネクタイの「色」の意味や相手に与える印象は?

赤系

ネクタイの色で赤系は「リーダーシップ」「積極的」な印象を与えます。

プレゼンや会議など熱意をアピールするには赤は効果的です。

鮮やかな真っ赤なネクタイは、見方によっては主張が強すぎると感じる人もいますので、相手の内情をよくリサーチしてからの方が良いです。

 

青系

ネクタイの色で青系は「誠実さ」「爽やか」「清潔感」な印象を与えます。

新入社員のネクタイでは、ネイビーなどの青系が、最も最適と思います。

フレッシュさ、誠実な印象を与え、見る相手の方にも落ち着いた印象を与えます。

 

グレー系(落ち着き、保守的)

ネクタイの色でグレー系は「落ち着き」「保守的」な印象を与えます。

青系同様に、新入社員が身につけるネクタイの色としては、誠実さ、落ち着いた真面目な印象を与えることができる色です。

主張が弱く少し保守的で、人によっては積極性が感じられないと捉えられてしまうこともあるかもしれません。

ネクタイの「柄」の意味や相手に与える印象は?

無地

ネクタイの柄で無地は「誠実さ」の印象を与えます。

変なイメージを与えることなく、相手へ誠実な印象を与えることができます。

スーツやYシャツとも相性に関係なく、組み合わせることができるので最も効率的です。

 

ストライプ

ネクタイの柄でストライプは「勤勉」な印象を与えます。

無地だと物足りない!という場合は、ストライプ柄が良いです。

柄にも気にかけながら、相手にも真面目に仕事をしそうという印象を与えることができます。

 

ドット柄

ネクタイの柄でストライプは「上品」な印象を与えます。

少しポップなようにも感じますが、小さいドットであれば上品なイメージにも変わります。

ただし前途したように、大きめのドットはNGですが、小さいドットは新入社員が身につけても特に問題ないです。

こちらも柄に気にかけつつ、上品さや存在感も与えることができます。

まとめ

今回は、新入社員がネクタイを選ぶ際の、色や柄の選び方に、色や柄の意味や相手に与える印象についてまとめました。

これらを参考にネクタイを選んでいただくと良いですが、悩んでしまう方はお店の店員さんに相談しましょう。

スーツとの組み合わで、おかしな組み合わせになっていないか、店員さんと相談して決めるのも、スーツ・ネクタイを着こなす上手な方法だと思います。

4月の新生活に向けての準備で困っている方のお役に立てられたらと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。