小千谷祭り花火大会2019の日程や打ち上げ場所は?おすすめの穴場スポットも

新潟県小千谷市で毎年8月に開催される「小千谷祭り(おぢやまつり)」では、2日目の夜に花火大会が実施されます。

約7000発もの花火が夏の夜空を彩り、多くの来場者で賑わう小千谷祭りの夜を一層盛り上げます。

3日間行われる小千谷祭りでは花火大会の他にも楽しいイベントが盛りだくさんです。

今年もにぎわうこと間違いなしの小千谷祭りの花火大会を充分に楽しむために役立つ情報として、花火大会の日程打ち上げ場所おすすめの穴場スポットなどもお伝えしていきたいと思います。

小千谷祭り花火大会の開催日程

小千谷祭りの花火大会は毎年、開催日2日目に実施されます。

2019年の今年は小千谷祭りが8月23日~25日で行われ、2日目の8月24日(土)で花火大会が開催されます。

開催時間や場所なども加え、基本情報を以下にまとめます。

小千谷祭り花火大会
・開催日程:2019年8月24日(土)
・開催時間:19:15〜21:00(予定)
・打ち上げ場所:信濃川河川敷(旭橋下流)
・打ち上げ数:約7000発
・来場者数:約18万人
・問い合わせ:0258-83-3512 (観光交流課)
・その他詳細情報は公式URLよりご確認ください。

花火の打ち上げ数が約7000発と、新潟県内でも屈指の花火大会で、毎年約18万人もの来場者で賑わっています。

花火の見ごたえも十分で、特にラストを飾る「超ワイドスターマイン」は幅1kmを超える大きさで、その迫力に来場者の方らかも一際大きな歓声が上がります。

それ以外にも豪華な花火が、夏の夜空を彩り、毎年小千谷祭り全体を盛り上げています。

 

雨天時の開催日程

小千谷祭り花火大会の雨天時の開催については、小雨決行の予定です。

雨の状況にもよりますが、荒天の場合は翌日8月25日(日)に順延となります。

前日や当日の朝に、公式サイトSNS で詳細のお知らせがありますので、当日の天候に合わせて確認してみてください。

 

小千谷祭り花火大会の打ち上げ場所とアクセス方法

小千谷祭り花火大会の打ち上げ場所は、信濃川河川敷です。

小千谷駅から旭橋を渡った、打ち上げ場所の対岸が観覧席になり、そこから花火を見ることができます。

アクセス方法は、小千谷駅から徒歩15分ほどです。

車でお越しの方は、無料の臨時駐車場が設置されていますので、そこからのシャトルバスで花火大会の観覧席までお越しください。

 

小千谷祭り花火大会のおすすめの穴場スポットは?

小千谷祭り花火大会の観覧席は、打ち上げ場所から信濃川を挟んだ対岸に、一般観覧席有料観覧席があります。

一般観覧席は、当日の午前8時から場所取りが可能ですが、混雑が予想されます。

混雑しない場所でゆっくり花火を楽しみたいという方には、こちらの穴場スポットをご紹介したいと思います。

 

穴場スポット1:山本山

打ち上げ会場から結構離れてしまいますが、その分集まる人数も少なく、穴場なスポットと言えるでしょう。

標高336mの山頂にある展望台からは、周りに遮るものがないため小千谷を一望することができるので打ち上げ花火も観覧することができます。

車で山頂まで行くことができ、公衆トイレも完備されている点もおすすめの一つです。

山本山
・住所:〒947-0012 新潟県小千谷市山本

 

穴場スポット2:沢山ポケットパーク


こちらも打ち上げ会場からは離れますが、山本山へ向かう途中にある休憩エリアです。

山本山中腹からは小千谷市街地方面を一望することができるため、花火大会の花火も上の写真のように充分楽しむことができます。

ただし、車を止めるスペースがあまりないので、早めに向かうことをおすすめします。

沢山ポケットパーク
・住所:〒949-8721 新潟県小千谷市塩殿
・TEL:0258-83-3512

 

穴場スポット3:城上神社

電車で来られる方や、小千谷祭り会場から近場で探している方におすすめなのが城上神社です。

小千谷駅からは徒歩20分程度の距離にあるので、歩いてアクセスすることも可能です。

少し高台にある神社で、境内の前にスペースがあり、そこから花火を見ることができます。

地元の方でも知る人しか知らないような超穴場スポットなので、混雑せずゆったりと観覧することができます。

城上神社
・住所:〒947-0053 新潟県小千谷市千谷川2丁目3

 

まとめ

新潟県小千谷市の小千谷祭り花火大会について、開催日程や打ち上げ場所、おすすめの穴場スポットの情報をお届けしました。

小千谷祭り花火大会の情報が更新されましたら、随時更新していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。