伊原六花はかわいくない!とは言わせん!ほぼすっぴん?激かわメイク

 

大阪の登美丘高校ダンス部のキャプテンを務め、
現在女優として活動している伊原六花さん(19)ですが、

ネットでは「かわいくない」「すっぴんがブサイク」などのコメントが目立ちますが、

寝言は寝て言え!

と言わんばかりの、激カワメイクでの伊原六花さんが、
本日3月12日発売の女性ファッション誌「ar」に掲載されています。

 

引用元(トップ画像)https://www.oricon.co.jp/news/2131299/

 

女子力たっぷり”ずるカワ”ピンクメイク

 

ほぼすっぴんに近いような、透き通る透明感と、
頬のうっすらとしてピンクのチーク目尻のツヤ感が
”春らしさ”を表現していて、これからの季節にピッタリですね!

伊原六花さんの、クリっとした目元が、さらに強調されて、
ナチュラルなかわいらしさが感じられます。

ブサイクとか言ってる方も、これならぐうの音も出ないでしょう!!

 

伊原六花さんのプロフィール

 

 

  • 芸名: 伊原 六花(いはら りっか)
  • 本名:林 沙耶(はやし さや)
  • 生年月日:1999年6月2日
  • 出身地:大阪府
  • 血液型:A
  • 身長:160.0cm
  • 体重:非公開

 

2004年~2007年 4才のころからバレエを習っていた
2008年~2012年 子供ミュージカルに出演
2012年~2015年 劇団アークス主催のミュージカル「ズボン船長」に出演
2015年~2017年大阪府立登美丘高等学校普通科および同校ダンス部に入部
2017年      日本高校ダンス選手権で「バブリーダンス」を披露し話題となる
2017年10月~  高校在学中に芸能事務所「フォスター」にスカウトされ芸能活動を開始。
現在に至る。

 

といった感じで、小さいころから、踊りや演劇に関わっていた生活を送っていたようです。
一番の転機は、高校時代のダンス部で、「バブリーダンス」が世間で話題になったことですね。

 

 

伊原 六花さんの芸名の由来は?

 

六花」とは 雪の異称 なんだそうです。

 

 

雪の結晶は6辺の形状をしており、結晶の形は千差万別。

今後、芸能界で様々な活動をしていく中で、雪のようにいくつもの顔を持ち
表現の豊かな女優になれるように、との意味が込められているのかなと思いました。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ネットで書かれている「かわいくない」「ブサイク」などのコメントに影響されず、
ぜひ、伊原六花さんの魅力を知ってもらえたらと思います!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!