霜降り明星 せいや、新幹線でトラブル!?乗務員からの暴言で一触即発!

出典:吉本興業

2018年のM-1王者に輝いたお笑いコンビと言えば「霜降り明星」。

最近ではテレビで良く見かけるようになりましたね。

 

先日テレビでも、学生時代にいじめられていた話、大逆転の末に人気者になった過去があるようで、

M-1への執着も、それが垣間見れました。

 

今回ですが、1月27日の自身のラジオ番組で、新幹線内で起こったトラブルについて話され、

今やニュースに取り上げられるほど話題になっています。

どのようなトラブルがせいやさんの身に起こったのか、詳しくまとめていきたいと思います!

 

 

新幹線乗務員が霜降り明星 せいやさんに暴言!?その内容とは?

 

新大阪から東京へ向かう新幹線での出来事。グリーン車の乗車券を乗務員から購入し、

席にいこうとした時に、乗務員からこんな言葉を聞いてしまったといいます。

 

「見た? あの態度。あれやったら絶対消えんな。あいつ」

 

せいやさんには聞こえないような音量で、乗務員同士で話したのだと思いますが、

それがせいやさんの耳に届いてしまったようです。

 

思いもしない言葉に、驚きと戸惑いつつも「なんか言いました?今?」と問いただすと、

乗務員は何のことか?というような態度をとったとのことです。

それがせいやには、明らかに誤魔化している、白々しい顔に見え、

怒りながらも席に着いたそうです。

 

その後少しして、せいやさんの元に、発言をした乗務員が来ると、

謝罪ではなく、勘違いをさせてしまった、ということで謝罪に来たそうです。

その乗務員が言うには、席が埋まったことを席が消えたという意味だったと説明。

 

ただ、それがさらにせいやさんの逆鱗に触れたようで、

「こういうの録音して歩いてるんですよ、って言ってん、俺」とカマをかけると、

乗務員はどこかに行ってしまったそうです。

 

せいやさんの怒りは、それでも収まらず、車両を数往復するほど、さっきの乗務員を探しまくり

別の乗務員にも問いただし、あのような社員を一人も出さないでほしいという旨を伝え、

その場は収まったとのことでした。

 

明らかに誤魔化して逃げた乗務員をまくしたてたり、更に追いかけたりと、

その執着心はすごいですね、、、。

M-1王者なだけあって、何が何でもの感じが伝わります。

そこまでしたのも、M-1優勝後からの仕事の忙しさからくるのもあるのかなとも思います。

今回のトラブルを受けてJR東海の対応は?

このラジオ番組が放送された後、JR東海の相談室には、問い合わせが殺到したそうで、

JR東海側もその乗務員に対し聞き取り調査を行い、

今回の不適切な対応のトラブルがあったことを認めています

 

《本件につきまして、お笑いコンビ「霜降り明星」さまが出演されているラジオ番組を聴かれたお客様より、弊社サービス相談室にお問い合わせを受け、当日応対した乗務員に聞き取り調査を行った結果、お客様に対して不適切な応対をしたことが判明しました。

現在、「霜降り明星」さまが所属されている吉本興業株式会社並びにご本人に対しまして、弊社乗務員の応対によりご不快な思いをおかけした点について、会社として謝罪に伺うべく、ご連絡を取らせていただいているところです。

当日応対した乗務員は、強い反省の意を示しております。このような応対は東海道新幹線の乗務員としてあってはならないものであり、当該乗務員には厳しく指導するとともに、お客様にサービスを行う全ての乗務員に対しまして、接遇に相応しい態度や言葉遣いについて改めて周知し、再発防止に努めてまいります。》

出展元:Livedoor News

 

世間の反応は意外にもせいやさん批判!?

今回のこのトラブルがあったことを聞いて、

乗務員の対応は確かに気分を害する事だったと思います。

ただ、今回をニュース記事を読み進めていくにつれて、

だんだんと「やりすぎなのでは、、、?」という気持ちにもなり、

世間の反応を調べてみましたが、

やはり、他にもやり過ぎだという声があり、批判が多く見られました

 

まとめ

昨年のM-1優勝を機に、多忙なスケジュールに追われ、

少し心の余裕がなかったのかなと感じました。

これから頑張っていこうとしている中で、あのような発言を聞いてしまうと腹も立ちますが、

貴重な移動時間をもっと他のことに使えなかったのかなと、個人的には思います。

 

また、当人同士ではなく、公共の交通機関での出来事ですので、

周りの迷惑になっていないかを配慮するのも、芸能人としての務めではないかなと感じました。

 

今、波に乗っている最中の霜降り明星。

テレビでの活躍以外でも、トラブルやニュースになる事が今後も多そうです。

これからも注目していきたいと思います!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!