新元号を書く人は誰?平成を書いた人は誰?

新元号の公表は4月1日、いよいよ明日に迫ってきました。
これまで新元号の予測などネットでは賑わってきましたが、

新元号を発表する時のあの額、そもそも書く人は誰?
そういえば、平成って誰が書いたのか?

気になったので、調べてみました。

新元号いつ?発表するのは

新元号するのは以下のようになっています。

  • 発表日: 2019年4月1日
  • 発表時間:午前11時30分頃
  • 発表者: 菅 義偉(すが よしひで)

今回の新元号発表は、菅官房長官が発表するとされています。

平成の時は、小渕恵三さんで、当時、小渕さんも官房長官でした。

 

平成書いたのはこの人

平成の元号が発表された時の、額を書いた「河東純一」さんという方でした。
河東純一さんは、平成に元号が変わった当時は、内閣官房の辞令専門官として職務していました。

辞令専門官というのは、官記や位記、辞令書などの書記し、
これまでおよそ20万枚書いたとされています。
現在は、定年退官され、埼玉県で書道教室を開いているそうです。

新元号を書人は誰?

4月1日の新元号改元の額は誰が書くのか?

現在、河東純一さんは退官されていますので、別の方だと予想できます。

前回の改元と同じように、辞令専門官の可能性が高いですが、
調べたところ、現在の辞令専門官が誰なのか、正式な公表がないため、今のところ不明です。

後日発表されることでしょう。

まとめ

新元号のあの額は日本全国民が目にするもので、かなり注目が集まります。
歴史的な瞬間、見逃せませんね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。