大正駅の場所はどこ?平成最後の昭和の日に大正駅で明治のR-1を飲む人続出!

5月の新元号改元を前に、本日4月29日・昭和の日が、

”平成最後の昭和の日”

ということで、SNSであることが話題になっています。

色々な改元という、人生で1度あるかどうかの大きた節目に合わせ、こんなことが行われました。

  • 「平成」最後の、
  • 「昭和」の日に、
  • 「大正」駅で、
  • 「明治」の
  • 「(令和)R-1」を飲む

「明治」にまでさかのぼり語呂を合わせ、元号に因んだ行動をとる人が続出したそうです。

気になるのは大正駅

いったいどこにある駅なのか?調べてみましたのでご覧ください。

大正駅ってどこ?

大正駅について調べたところ、日本では「大正駅」としては3か所、
「土佐大正駅」という駅が1か所の、合計4か所存在していました。

大正駅(大阪府)

  • 場所:大阪府大阪市大正区
  • 管轄:JR西日本
  • 路線:大阪メトロ(大阪市高速電気軌道)

 

大正駅(長崎県)

  • 場所:長崎県雲仙市瑞穂町岡
  • 管轄:島原鉄道株式会社
  • 路線:島原鉄道線

大正駅(北海道)

  • 場所:北海道帯広市大正本町
  • 管轄:国鉄
  • 路線:広尾線

こちらは現在、広尾線は廃線となっており、1987年(昭和62年)2月2日に廃駅となっています。

土佐大正駅

  • 場所:高知県高岡郡四万十町大正
  • 管轄:JR四国
  • 路線:予土線

 

ネットの投稿

 

中には、明治の前の元号「慶応」「元治」にもからめて、こんなツイートをしている人もいました。

まとめ

新元号改元への前日に、一番の盛り上がりを見せるかと思いましたが、
前々日の今日4月29日「昭和の日」に合わせ、こんなイベントが行われていたとは思いませんでした。

大晦日のイベントのように、「時代が変わる瞬間」を、思い思いに過ごすGW。
みなさま、トラブルにまで発展しないように、行き過ぎには注意しましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。