【東京マラソン2020】首都高通行止めの場所や規制時間は?混雑・渋滞回避の方法も

世界を代表する国際的な大会の1つである東京マラソンは、都心部の公道を利用した大規模マラソンで、東京の様々な名所を巡るコースとなっています。

そのため、交通規制も広範囲で実地され、首都高も規制エリアは通行止めとなります。

場所によっては、長時間に及ぶ交通規制となるので、混雑や渋滞が予想されます。

マラソン当日、首都高を利用する際は、事前にしっかり通行止めの場所と時間帯をチェックし、さらに混雑回避の方法も知っておくと安心ですよね!

ここでは、東京マラソンの首都高の通行止めの場所や規制時間、また混雑状況や渋滞回避の方法についてまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

【東京マラソン2020】首都高の規制・通行止めの場所や時間帯

引用元:公式サイト

まず、首都高の交通規制の詳しい場所について確認しておきましょう。

東京都庁のスタート付近の新宿出入口を始めとして、最終的にはフィニッシュ周辺の丸の内出口に規制がかかります。

マラソンコース近隣の出入口合計6か所は、車両通行禁止となるので注意が必要です!

首都高全体が利用できないわけではなく、場所によっては入口は利用できるけど出口は使えないなど細かく異なっているので、しっかり確認しておきましょう。

 

引用元:公式サイト

次に、首都高の交通規制の時間帯について詳しく見ていきましょう。

マラソン当日は、6:30から新宿出入口が通行止めとなり、その後マラソンコースに沿って西神田、江戸橋と交通規制は実施されます。

最低2~3時間車両通行止めとなり、芝公園やフィニッシュ周辺の丸の内出口は午前中から夕方にかけて長時間規制がかかるので、十分注意しましょう。

【東京マラソン2020】首都高の混雑状況や渋滞回避の方法は?

ここでは、例年の首都高の混雑状況と渋滞回避の方法についてまとめましたので、参考にしてみてくださいね。

東京マラソン例年の首都高の混雑状況

東京マラソンの影響を受けて、通常より交通量が多く、混雑していますね!

 

マラソンコース周辺の多くの一般道が通行止めとなるため、いつもの道が通れず、首都高を利用する人が多くなって渋滞が発生しています。

東京マラソン2020首都高の渋滞回避の方法は?

東京マラソン当日は、一般道や首都高の様々な場所で交通規制が実施されるため、混雑・渋滞が予想されます。

渋滞回避の方法として、首都高のアプリ公式SNS活用することができます。

スマートフォンアプリの「mew-ti」は、首都高の混雑している場所や渋滞状況がマップで一目でわかって便利です。

また、通行止めや交通規制の実施場所も確認できて安心ですよ!

事前にダウンロードしておいて、当日首都高を利用する際に情報をチェックしてみてくださいね。

 

その他、東京マラソン2020の公式SNSTwitterFacebookを利用する方法もあります。

公式SNSでは、大会に関する様々な情報がタイムリーに配信されています。

当日交通規制や渋滞・混雑についての情報が何か発信されていないかチェックしてみてください。

まとめ

東京マラソン交通規制について、通行止め場所時間帯、また混雑状況渋滞回避の方法をお伝えしました。

当日首都高を利用する場合は、事前に交通規制についてチェックし、アプリやSNSを活用してなるべくスムーズに運転できるよう心がけましょう^^

また、渋滞に巻き込まれたりしても焦らないように、早めに出発して時間に余裕を持った行動ができると安心ですね!

迂回ルートを検索する方法もありますのでこちらもぜひ参考にしてみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。