土浦花火大会2019の事故動画・映像はこちら!観客席に花火落下で負傷者は?

茨城県土浦市で10月26日開催された「土浦花火大会」ですが、観客席に花火が落下するという事故が発生しました。

台風の被害や前日の雨天で開催が危ぶまれ、花火大会の開催を心待ちにしていた方が多かった中、花火大会ではあってはならない事故が起こり、残念な結果となりました。

観覧席に花火が落下した時の様子はどうだったのか?

事故動画や事故映像がありましたので、お伝えしたいと思います。

また。それによる負傷者はいたかどうかについてもお伝えしていきます。

 

土浦花火大会2019花火落下の事故動画・映像

土浦花火大会2019の観覧席に花火が落下して瞬間の、実際の事故動画・映像はこちらです。

本当に、目と鼻の先で花火が落下し爆破。

これは、驚きですね・・・。

 

土浦花火大会2019観覧席に花火落下で負傷者は?

茨城県土浦市の桜川河川敷で26日夜に開催された「土浦全国花火競技大会」で、打ち上げられた花火の一部が不発となり落下した。土浦署によると、40代男性が右手の小指にやけどを負ったほか、40代女性と男児の服の一部が焦げたという。

引用元:朝日新聞DIGITAL

 

今回の花火落下の事故による負傷者は数名出ており、いずれも軽傷だそうです。

ですが、これは”不幸中の幸い”というだけであって、大惨事になってもおかしくない状況だったと思います。

先ほどの動画・映像では、悲鳴が多数聴こえており、中には「痛い」との声も聞こえています。

花火落下の現場にいた方は、さぞ怖い思いをされたと思います。

ケガ等はなかったものの、思い出としては印象の悪い年になっていまったのではないでしょうか。

 

土浦花火大会は2018年でも花火落下で途中中止になっていた?

土浦花火大会は、実は昨年2018年にも花火が観客席に落下するという同様の事故で中止になっていました。

2019年の今年と同様に花火落下の事故が起こってしまい、残念な気持ちとともに、運営側への不満や不信感はぬぐえないですね。

土浦市は今年4月、「打ち上げの筒が傾いていた可能性がある」とする最終報告を発表。これを受け、今年は筒が傾いていないか事前に水平器で確認するなど安全対策を強化していた。

引用元:朝日新聞DIGITAL

 

昨年の事故を受けて、今年は事前に安全対策を強化していたとのことです。

ですが、実際には事故が起こってしまい、それも昨年と同様の事故となると、正直「何やってるんだ!」という気持ちになってしましますね。

 

まとめ

茨城県土浦市で10月26日開催された「土浦花火大会」で起こった花火落下の事故動画・映像、負傷者の状況についてお伝えしました。

昨年2018年と同様の事故が起こってしまったということで、非常に残念な結果となりました。

このような事故が続いてしまった土浦花火大会、来年の開催はどうなるのでしょうか。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。