バレンタインにメッセージカードを贈ろう!会社や職場関係者への一言例文まとめ

2月14日といえば、バレンタインデー。

本来は女性が男性にチョコを渡す日とされていますが、最近ではそれ以外に家族や友人はもちろん、職場の上司や先輩、同僚や後輩などにも渡す方も多いようです。

日ごろ仕事でお世話になっていることへの”感謝のしるし”として、チョコなどのちょっとした贈り物を。

それだけでも嬉しいですが、日ごろの感謝の気持ちをせっかくなら「言葉」で表した方が伝わりやすいですよね。

そんな時に、メッセージカードを添えるのはいかがですか?

そこで今回は、会社の上司や先輩、同僚、後輩にメッセージカードを添える際の例文を紹介していきます。

手紙のようにたくさん書かなくても、ちょっとして一言でも思いは十分に伝わります。

その一言の例文をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

バレンタインの贈り物と一緒にメッセージカードを贈ろう!

メッセージカードを贈るといっても、どんな言葉を書いて送ればいいか迷いますよね。

まずは、メッセージカードを書く際のポイントを紹介していきます。

日頃の感謝を伝える

お世話になっている人へ送る場合は、日ごろの感謝の言葉を添えるといいでしょう。

「いつもありがとう」という言葉を改めて伝えるのって、なんとなく照れくさい気持ちになりますよね。

バレンタインというイベントにあやかって、普段言えない感謝の気持ちを伝えてみてはいかがですか?

 

シンプルかつ短く

メッセージは、シンプルで短い文章がOKです。

長い文章だと準備も大変ですし、一言でも気持ちは十分伝わります!

長くても2~3文くらいでまとめると読みやすくていいですね!

 

手書きが良い

最近はメールやSNSでやり取りすることが増え、手書きの文字を目にすることはめっきり少なくなりました。

しかし、いつの時代も思いを伝えるときは手書きが一番!

手書きのメッセージは特別感オリジナル感があって、もらう側はうれしいものです。

それに、印刷された文字だと事務的ですし、なんとなく大量生産でやっつけ仕事な感じがしますよね…。

字が汚くても、手書きのメッセージをもらって嫌な人なんていませんよ♪

 

誤解されない内容で

男は勘違いしやすい生き物です(笑)。

こちらはその気は全くないのに、ちょっとしたことでも「俺の事、好きなのかな?」と勘違いする人っていると思います。

そういった勘違いしやすい男性には、ハートなど誤解されるような文面は避けましょう。

手書きは思いが伝わりやすいからこそ、明らかに義理チョコだとわかる文面にしたほうがいいですね♪

 

職場の女性(同僚や先輩・後輩)と話を合わせる

バレンタインの時は、女子社員同士のコミュニケーションが重要になります。

特に女子社員が少ない職場だと勝手な行動が女性間の関係に亀裂を生む場合があるので、事前に相談をしておいたほうがいいでしょう♪

 

バレンタインのメッセージカード:上司への一言例文

上司へ送る場合、敬語はもちろんですが日ごろの感謝の気持ち・誠実さが伝わる内容を心がけるといいでしょう。

多少文面が固くなっても、普段仕事でお世話になっていることへの感謝の気持ち・誠実さを伝えられる内容がいいです。

上司への一言 例文1

○○課長
いつもありがとうございます。

ささやかではありますが、日頃の感謝の気持ちとしてチョコレートを贈ります。
これからもよろしくお願いします。

 

上司への一言 例文2

○○部長へ
いつもお世話になっております。

私たち女性社員の感謝の気持ちです。
今後ともご指導のほど、よろしくお願いします。

 

バレンタインのメッセージカード:先輩への一言例文

どんなに親しい間柄の先輩であったとしても、敬語を使うようにしましょう。

ハートなどはバレンタインのイベント色が強くなってしまうので、あくまでも日頃の感謝の気持ちだということがわかる文章にしてください。

先輩への一言 例文1

○○先輩へ
いつも優しく指導していただきありがとうございます。
ささやかながら、日頃の気持ちです。
これからもご指導のほど、よろしくお願いします。

 

先輩への一言 例文2

○○さん
どんな時も細かく教えてくれて、ありがとうございます。
少しでも○○さんに近付けるよう、日々努力します。
またアドバイスやフォロー、よろしくお願いします。

 

バレンタインのメッセージカード:同僚・後輩への一言例文

同僚や後輩へおくるときは、ある程度フランクな言葉でも大丈夫!

後輩へ送るメッセージは、ねぎらいの言葉を添えるのを忘れないようにしてください。

同僚・後輩への一言 例文1

◯◯へ
どんなことにも積極的に立ち向かっている姿は、とても頼もしく勇気をもらえます。
いつも、ありがとう。
これからもよろしくね!

 

同僚・後輩への一言 例文2

○○君へ
お疲れ様です。
いつも無理ばかり言ってゴメンね。
ささやかですが感謝の気持ちです。

 

バレンタインのメッセージカード:取引先への一言例文

取引先へ送るメッセージは、失礼のないように文章に気を付けましょう。

また、丁寧に手書きで贈ることで、日頃の感謝の気持ちを伝えることができます。

取引先への一言例文1

いつもありがとうございます。
ささやかではありますが、ほんの感謝の気持ちです。
今後とも宜しくお願い致します。

 

取引先への一言例文2

いつもお世話になっております。
ささやかではありますが、感謝の気持ちです。
社内皆さまでどうぞお召し上がりください。
今後とも、よろしくお願いいたします。

 

バレンタインのメッセージカード:英語での一言例文

会社関係となると、日本人以外にも渡す機会はあると思います。

英語でおくる場合はこちらを参考にしてください♪

英語での一言 例文1

Happy Valentine’s Day!
(ハッピーバレンタイン!)
Thanks for everything and keep well.
(いつもありがとう。これからも元気で頑張ってね。)

 

英語の一言 例文2

Thank you so much for everything.
(いつもありがとうございます。)
I’m glad to be working with you.
(あなたと仕事ができることをうれしく思います。)

まとめ

いかがでしたか?

毎年、バレンタインが近づくとチョコの準備やメッセージカードの準備で大変だと思います。

しかし、上司や先輩、取引先の方など、お世話になっている方に感謝の気持ちを伝えるにはいい機会ですよね♪

ぜひこの機会に、日頃お世話になっている人たちへありがとうの気持ちを伝えてみませんか?

その際は、今回に記事を参考にして書いてみてください!