YOSAKOIさせぼ祭り2019の開催スケジュールは?おすすめの見どころもご紹介

毎年10月に長崎県佐世保市で開催される、「YOSAKOIさせぼ祭り」は、九州の中でも最大級の秋のお祭りです。

全国的にも有名な高知のよさこい祭りや、北海道のYOSAKOIソーランまつりに影響を受け始まったのが起源とされています。

毎年異なるテーマで開催され、祭りの今年のテーマは

「真祭り-MATSURI-」~新時代へのEVOLUTION~

と題して、平成から令和に代わった2019年の新時代に「真の祭りを目指し、進化(真化)を遂げる」演舞が披露されます。

毎年熱い演舞が繰り広げられるYOSAKOIさせぼ祭りについて、今回は2019年の開催スケジュールおすすめの見どころをご紹介していきたいと思います。

 

YOSAKOIさせぼ祭りとは?

1997年、佐世保 に1本のビデオテープが持ち込まれました。

テープには「YOSAKOIソーラン祭り」の映像が。

その熱気に魅了された人々は、約40名の視察団を組み、北海道は札幌市「第6回 YOSAKOIソーラン祭り」を体感し、その感動を佐世保でも広めたいと考えたそうです。

その年秋に行われた「おくんち させぼ祭り」の中で、2チームが佐世保で初めて「よさこい」様式の演舞を披露、翌年の1998年、「第1回 ダンスバトル」として産声をあげます。

2000年には「YOSAKOI させぼ祭り」と名称を変更し、現在に至るわけです。

初年度6チーム、約500名の踊り子からスタートした祭りも、年を重ねるごとに規模を拡大し、第18回大会では、北は北海道、南は鹿児島、また韓国からの参加者も含め180チーム約7500名の踊り子が参加する全国有数の「よさこい祭り」として成長し進化し続けています。

これからももっと多くの参加者が増えることが予想されます!

 

YOSAKOIさせぼ祭り2019開催スケジュールは?

YOSAKOIさせぼ祭りは、町おこしのために毎年10月下旬頃に長崎県佐世保市で開催されます。

今年の開催日程を以下にまとめました。

2019年開催日程
  • 10月18日(金)
  • 10月19日(土)
  • 10月20日(日)

 

各開催日ごとに行われるメインイベントも以下にまとめましたので、参考にしてみてください。

  • 開催日(1日目):10月18日(金)
  • 開催時間:12:00~21:00
  • 主な催し物:
    キッズタイム 11:30~14:00頃
    前夜祭    17:00~21:00

 

  • 開催日(2日目):10月19日(土)
  • 開催時間:9:00~20:30
  • 主な催し物:
    ジュニアステージ 9:00~10:00
    本祭り1日目   10:00~17:00
    サタデーナイトフィーバー・第11回青春グランプリ 17:00~20:00
    大交流会     20:00~22:00

 

  • 開催日(最終日):10月20日(日)
  • 開催時間:9:00~20:00
  • 主な催し物:
    本祭2日目    9:00~17:00
    ファイナルステージ 17:00~20:00

 

また、開催期間中の2019年YOSAKOIさせぼ会場をご案内します。

【1】 名切お祭り広場会場(メイン会場)
【2】 アーケード会場(5,000人で大乱舞!アーケード総踊り)
【3】 1kmチャレンジパレード会場
【4】 佐世保駅前広場会場
【5】 アルカス広場会場
【6】 島瀬公園会場
【7】 中央公園通り会場
【8】 体育文化館会場
【9】 山県会場
【10】 ハウステンボス会場
【11】 九十九島パールシーリゾート会場
【12】 海上自衛隊倉島岸壁会場
【13】 させぼ五番街会場
【14】 佐世保公園会場<NEW>

引用元:YOSAKOIさせぼ祭り公式サイト

 

スケジュールは現時点での予定であり、変更になる場合があります。

今年は新しい会場が増え、ますます楽しみが増えますね~!

 

YOSAKOIさせぼ祭り2019見どころは?

引用元:佐世保市公式サイト

見どころ①:1kmチャレンジパレード

「日本一長いアーケード商店街」だから実現した1kmパレードはぜひぜひ見ていただきたいポイントの一つです。

佐世保市民もそうでない人も、ぜひぜひたくさんの会場を巡って、佐世保の魅力を感じてみてほしいと思います。

 

見どころ②:アーケード総踊り

よさこいさせぼ祭り アーケード に対する画像結果

2日目に行われるアーケード総踊りも大規模なパフォーマンスを披露していて見どころではないでしょうか?

  • 開催日:10月19日(土)
  • 開催時間:16:30~16:50(予定)
  • 場所:アーケード会場

 

見どころ③:SNS映えする会場ロケーション

  • 絶景の西海国立公園・九十九島を望む「九十九島パールシーリゾート会場」
  • リゾートテーマパーク「ハウステンボス会場」
  • 海上自衛隊の巨大な護衛艦の前での「海上自衛隊倉島岸壁会場」

など、SNS映えもバッチリのロケーションで、お祭りと観光を楽しんじゃいましょう。

体力の限界まで踊り歩く姿は迫力満点で毎年皆様の心を熱くさせます!!

 

見どころ④:多種多様なパフォーマンス

YOSAKOIさせぼ祭では、鳴子を持って鳴らすことが必須条件です。

音楽は「4分30秒以内」というルールさえ守れば何でもアリ!のバリエーション豊かな曲と踊りが登場します。

よって、沢山のチームが色々な踊りを披露していくのです。

同じルールですべて違う踊り!とても魅力的だと思いませんか?

 

見どころ⑤サタデータナイトフィーバー

YOSAKOIさせぼ祭り、雨天決行で予定通り開催中で~す!皆さまのご来場と応援をよろしくお願いいたします。

YOSAKOIさせぼ祭りさんの投稿 2016年10月21日金曜日

 

昨年観客を魅了したのはなんと、サタデーナイトフィーバー~2nd Night!~

ここは本当にYOSAKOI会場!?踊り子・観客一緒になってトランス状態!?

「踊り」と「交流」をテーマにした、佐世保の名物企画がさらにパワーアップして登場するそうです。

YOSAKOI衣装、もしくは仮装、鳴子に扇子にサイリウム。

にぎやかダンスナイトで佐世保の夜を楽しんでみるのはいかがでしょうか!

 

まとめ

今回はYOSAKOIさせぼ祭りの開催日程お勧めの見どころについてまとめていきました。

今年も多くの出場者が一年をかけて踊りに磨きをかけてやってきます。

観客の皆様も大興奮間違いなしのお祭りになるかと思います。

各チームの熱い踊りをぜひ目の前で見てみてはいかがでしょうか!

当日は多くの見物客に見舞われると思います。

交通情報や駐車場案内もこちらにまとめていますので、ぜひ一緒にチェックしてみてください。

最後まで閲覧いただきありがとうございました。